目次

  1. ブルース・ウィリス
  2. ジェイソン・ステイサム
  3. ニコラス・ケイジ
  4. ジュード・ロウ
  5. まとめ

ブルース・ウィリス

16916450812 ccde895a70 b

ウォルター・ブルース・ウィリス(Walter Bruce Willis, 1955年3月19日 - )は、ドイツ生まれのアメリカ人俳優であり、プロデューサー、ミュージシャンでもある。彼のキャリアは1980年代から始まり、それ以来コメディ、ドラマ、アクションといったジャンルで、テレビと映画の両方で活躍している。『ダイ・ハード』シリーズの主人公ジョン・マクレーン役でよく知られている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

『ダイ・ハード』シリーズの主人公として有名になり、日本でもよく知られているブルース・ウィリス。「ハゲかっこいい」俳優として代表的な人物ではないでしょうか。
スキンヘッド姿がすっかりお馴染みの彼ですが、『ダイ・ハード』シリーズが始まった当初はこのヘアスタイルではありませんでした。

3730223432 8254e7b3f8 o

左上よりシリーズの
1→2
3→4の順に並んでいます。
1~3作目の頃はまだ髪を生やしていたんですね。1作目の時点で既に前髪の衰退が始まり、シリーズを重ねるごとにおでこが広くなっていってます。
4作目でスキンヘッドにすると一気に渋さが増してかっこよくなっていると思いませんか?
よく言われる「薄毛が気になってきたらいっそスキンヘッドにするといい」という言葉を体言しているようです。

コミカルなキャラから悪役・ヒーロー・ちょっとチャラいおじさん役まで幅広い演技をこなし、渋い貫禄や時に色気すら感じさせてくれるブルース・ウィリス。髪が薄くてもこんなにかっこよくなるチャンスが残されているんです!

16867665325 4cc18bcfaa o
8750368925 203e85c340 z

ジェイソン・ステイサム

21129250090 fd642a308b z

ジェイソン・マイケル・ステイサム(Jason Michael Statham, 1967年7月26日 - )は、イギリスの俳優。 ジェイスン・ステイサムと表記されることもある。
イングランド・ダービーシャー出身。水泳の飛込競技の元選手で、イギリス代表チームに所属していた[1][2][3]。1992年に飛込競技を引退し、ファッションモデルに転向した。
1998年に映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』で俳優デビューを果たす。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

『トランスポーター』シリーズや『エクスペンダブルズ』シリーズで有名なジェイソン・ステイサム。彼も髪が薄いことを逆手にとってスキンヘッドにしているハゲかっこいい俳優の一人です。
映画界では「ワイルドで男前なアクション俳優」という位置づけですが、俳優デビューの当初から既に髪は薄かったようです。

16736238210 aa746fbd4c o

俳優として活動を始めたばかりの頃の作品。一番右がジェイソン・ステイサムです。
生え際は今とあまり変わらないことが分かります。

しかし映画の中でアクションをこなすジェイソン・ステイサムは、髪が薄いことなんて全く気にさせません。
「男の魅力は髪の量じゃない」と言わんばかりにワイルドな「漢」らしさを見せてくれます。
むしろ髪を薄くしてスキンヘッドにした方が男はかっこいいんじゃないかと思わせられます。

9968014094 580e63d95f k
2241916481 affdd4bb66 b

ニコラス・ケイジ

15656224200 4574948880 o

ニコラス・ケイジ(英: Nicolas Cage, 1964年1月7日- )は、アメリカ合衆国の俳優であり、映画監督、映画製作者。本名、ニコラス・キム・コッポラ(Nicolas Kim Coppola)。
カリフォルニア州ロングビーチ生まれ。父オーガスト・コッポラはイタリア系で大学教授兼作家、母ジョイ・フォーゲルザングはドイツ系のバレエ・ダンサー。兄(マーク・コッポラ、クリストファー・コッポラ)がおり、クリストファーは映画監督をしている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

近年は『ナショナル・トレジャー』や『ノウイング』が日本でもヒットしたニコラス・ケイジ。
彼もよく見ると前髪の生え際がだいぶ衰退しています。
しかしそんなことは全く問題とせず、その幅広い演技と個性的な存在感で昔から人気ハリウッドスターの一人として活躍しています。

15555430632 f0ecb300a6 b

若い頃のニコラス・ケイジ。ものすごく整った顔立ちだと分かります。

16148797651 4a58b37fd7 z

最近はこんな渋くて怖そうな表情も。