目次

  1. シックス・センスあらすじ
  2. コール少年の苦悩と成長
  3. マルコムも悩みの渦中にいた
  4. さいごに

「シックス・センス」は1999年に米・日の順で公開されたホラー映画である。
ブルース=ウィリス主演でありながら、目立って宣伝はされなかったが
そのクオリティの高さで公開直後からリピーターが続出。
『この映画サイコーだぜ!』というの口コミ効果も相まって当時の大ヒット作品となった。

※)初視聴時にはネタバレを見ないことをおすすめする。

シックス・センスあらすじ

マルコム・クロウは第一線で活躍する児童心理学者で、多くの子供を心の病から救ってきたが、
そこへ10年前の少年期にカウンセリングを施したビンセント・グレイという青年が現れ、
彼に「自分を救ってくれなかった」となじられたうえ、銃で撃たれてしまう。
その直後、ビンセントが目の前で自殺したことで、実は彼を救えていなかったことをマルコムは思い知らされる・・・。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

Sixth sence01

それから1年後、マルコムはビンセントによく似た少年、コール・シアーと出会う。
コールを救うことができれば、ビンセントと彼を救えなかった自分をも救えるかもしれない。

必死になって受け入れて貰おうとするマルコムに、コールはやがて心を開き、隠していた秘密を打ち明ける。
コールには死者が見えてしまう「第六感(霊感)」があり、ずっと怯え続けていたのだ。
この能力のため、コールは学校中の生徒や教師から「化け物」と異端児扱いされ、
事情を知らない母親ともすれ違い、うまくいかなくなっていた。

当初は懐疑的だったマルコムも、やがてコールの言葉を受け入れるようになり、死者がコールの前に現れる理由を共に探り始めるようになるが・・・。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

コール少年の苦悩と成長

Img 1

こんな感じでコール少年の日常には死者が入り込んでくるのである。
それは見た瞬間に分かるものだったり、パッと見生きた人間と同じなのに振り向いたら頭が血まみれだったりと、
予期せぬ死者の登場に、終始心臓がバクバクしっぱなしだが、
どれにも共通して、自分たちが見える存在に何かを求めているような節が見受けられる。

そしてコール少年の家にはよく”人”が入り込んで来る。
「いや、ホラー映画だから分かるよ、どうせこいつも霊なんだろ・・・」と高を括っていた筆者は、直後に「ヒッ!!!(((;゚Д゚)」という情けない声を漏らす羽目になった。

典型的なホラー映画の脅かし方にも関わらず、一味違った演出で視聴者を追い詰めるのがこの映画の侮れない点である。

20130620151453

霊に怯えながら過ごす毎日は、とにかくコール少年の精神を追い詰めていた。

だが、優しく寄り添ってくれるマルコムと出会い、信頼に足る人物だと判断したコールは、
ついに誰にも言えなかった悩みを打ち明ける。

0340a91d

『僕には死んだ人が見えるんだ。みんな、自分が死んだと思ってない。』

85349view001

最初は恐怖のあまり死者を避けていたコールだが、ある少女の霊と出会ったことで死者が自分に助けを求めていた事を知る。
少女の霊を苦しみから解放するために、コール少年はマルコムと共に少女が住んでいた家へ足を運ぶが、その一家には恐ろしい秘密が隠されていた・・・。

A0212807 7315586

少女の霊の事件を通して自分の持つ能力の意義を理解し、死者との接し方にも変化が現れ始めたコールは、母親にも自分の能力の事を打ち明ける。

元を辿れば児童心理学者のマルコムとの出会いが、コール少年にとっての人生の転機だったわけだが
マルコム自身もコール少年と出会った事で人生の転機を迎えようとしていた。

マルコムも悩みの渦中にいた

Yjimagev905d8vs

仲睦まじいクロウ夫妻だが、1年前の凄惨な事件をきっかけにマルコムと妻との間には隔たりが生じ、すれ違いの日々が続く事になる。
妻は別の男とささやかな愛情を育み、それに反して省みられずに苛立つ日々で自信を失ったマルコムは、苦悩と悲しみに暮れる。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

20130620151449

妻との関係に悩んでいたマルコムに、コール少年は「奥さんが寝ているうちに話しかけろ」と助言するのだった。
マルコムは無事、妻との仲を修復できるのだろうか?
ホラー以外の部分でも目が離せない。

さいごに