目次

  1. Paramore
  2. Norah jones
  3. Alanis Morissette
  4. 最後に
7011003 hayley williams girl

女性シンガー、または女性シンガーを抱えているバンドは世界的にも多い。
やはり男性には出せないトーン、雰囲気が女性にはある。
その逆もあるのだが、そこを武器として戦うアーティストを今回は紹介していく。
ジャニス・ジョップリンの登場以降、ロックシーンにも女性の存在が目立ってきた近年。
もちろん、ロックシーンに限らず、ポップミュージックにも存在している。
中にはインディーシーンに留まる者もいれば、
メジャーシーンで輝かしい活躍を見せる者もいる。
彼女たちのサウンドの特徴と共に伝えていこう。

Paramore

1577231493zlzz

Paramoreと言えば、やはりボーカルのHayley Williamsだろう。
彼女は若者、特に10代のキッズへの影響を与え続ける存在である。
澄んだ声が特徴的で、メロディセンスも抜群だ。
彼女のトレードマークである赤い髪を真似するキッズは多く、彼女の代名詞ともなっている。
バンド自体の人気も高く、Fall Out Boyと並んでいる。

Hayley Williamsの歌唱力がよく分かる曲だ。
彼女にとっては単なるロックバンドのボーカルというイメージを覆すような曲になったのではないか。
こういったストリングスを用いた曲にも合う声というのは憧れられるのでは。

ドラムが程よく効いたロックナンバーにHayley Williamsの声が似合う。
どことなくエモのような雰囲気を端々に感じさせる曲のセンスも光っている。
展開も分かりやすいため、聞きやすいのではないだろうか。

Paramoreの代表曲の一つ。
Paramoreらしいパワフルのリズム隊が放つサウンドにHayley Williamsのボーカルが乗ることにより、
メロディが溢れる上質のロックナンバーになる。

Norah jones

Norahjones color9

Norah jonesはジャズを主に、ポップス、カントリーやフォークなどのサウンドを取り込んでいる。
非常にソフトな声と卓越したメロディセンスで全米を中心に注目されているシンガーであり、ピアニストだ。
デビューアルバムのCome away with meは記録的なヒットを記録し、
彼女は一気にアメリカを代表する女性シンガーとなった。

確かにジャズが基盤となっているのだが、メロディからはポップスの匂いもする。
彼女の歌う曲のジャンルはまだ名前が付いていないのかも知れない。

Norah jonesらしいメロディが盛り込まれた曲。
リズムなどはどこかの民族音楽の影響も受けているのか非常に面白い。

Alanis Morissette

2046469 alanis morissette 617

Alanis Morissetteはカナダ出身のシンガーソングライターだ。
世界中の女性ボーカリストに影響を与えたと言ってもよいだろう。
数々の名曲を生み出し、世界的なアルバムセールスを叩き上げたことでも知られている。
多くのアーティストからリスペクトされている彼女のサウンドを紹介していこう。

イントロのアコースティックギターとサビのロックなテイストが非常に曲としてバランスが良い。
カーステレオから流れてくるこの曲を聞きながらドライブするのもおすすめである。
まさに、アコースティックとロックの両方のサウンドを融合させた一曲。

ゆったりとしたテンポながらもしっかりとギターサウンドも目立つ曲。
彼女の人気曲の一つ。
彼女のボーカルとしてのポテンシャルが分かる曲となっている。

最後に

今回は年代問わずに影響力の高いボーカリストを紹介した。
やはり女性ボーカリストには彼女らしか出せないものがあり、それを本人たちが理解し武器にしているように思える。
もちろん、それは男性ボーカリストにも言えることなのだが、
どちらかと言えば女性の方がマイノリティであることから印象が強い。
そんな女性ボーカリストは今回紹介した以外にも多く存在している。
特に今回はアメリカ出身のアーティストを紹介したが、
次回はヨーロッパの素晴らしいアーティストを紹介していこう。