目次

  1. パッケージ
  2. ゲーム内容
  3. 評価

パッケージ

51wrxplvopl

こちらがプレステ版のパッケージ。90年代のキャラクターデザインなので今ではちょっと古くさいですが、それでもなかなかキャラクターの魅力が出ていると思います。
メインキャラクターは三人だと一目見てわかります。

51efyibmv0l

こちらがセガサターン版。この他、メイン三人それぞれのバストアップの別パッケージが存在します。やはりこのゲームはこの三人が主体なのでしょう。
それでは、実際のゲーム画面を見てみましょう。

ゲーム内容

06235
00791

 実 写 !

というわけで、このゲームのジャンルは声優監督シミュレーションゲーム。声優兼音響監督千葉繁の弟子となったプレイヤーは、TVアニメ「インタラプト・ガール」の音響監督をやることになり……という、あらすじ。
いやまあ、実写ゲームはPS時代少なくはなかったのですが、パッケージが女の子キャラクターだというのに、内容がこれではけっこうな詐欺臭がします。

そもそもシミュレーションとジャンルされていますが、画面を見ればわかるようにこのゲームはどちらかと言うとアドベンチャーゲーム。
しかも、声優ゲーだというのになんとパートボイス。PS時代ならば音質はともかくフルボイスも不可能ではなかったのでは? という感じです。

Hqdefaudlt
Hqdefault

評価する点といえば、このように現在でも活躍中の声優さんが大勢出演していることでしょうか。
まあ声優ゲーなのでそれは当たり前なのではと思いますが。

評価

紛うことなきクソゲーです。
アドベンチャーとは言いますが選択肢はほとんど意味は無いので、画面を見てボタンを押していれば進める始末。
パッケージ詐欺もひどいとは思いますが、さらに言えばこのアニメの予告編を制作してゲームクリアと、なんだかぶん投げるような終わり方。
何がしたかったのかわからない、バカゲーになりきれなかったクソゲーということでしょう。