目次

  1. 衝撃の初登場シーン!10031人のクローンを殺した最強の悪役!
  2. 運命を変えた打ち止め【ラストオーダー】との出会い
  3. 黄泉川愛穂との出会い
  4. 番外個体【ミサカワースト】との出会い
  5. 上条当麻との出会い
  6. 一方通行の今後に期待!

衝撃の初登場シーン!10031人のクローンを殺した最強の悪役!

Railgun0511 4 81144

一方通行といったらこれを抜きには語れないでしょう。一方通行は最悪な実験の加害者として主人公である上条当麻と対峙する悪役として登場しました。実験内容は御坂美琴のクローン20000体を殺害するという非常に凄惨なものです。実験自体は第10032次実験の途中で阻止されていますが、この実験と上条当麻との対峙は後の一方通行に大きな影響を与えるものとなります。

運命を変えた打ち止め【ラストオーダー】との出会い

Toal091113

実験のほかにもう一つ忘れてはいけないのが打ち止めとの出会い。打ち止めは一方通行の隠された本心について言及します。そのことは一方通行の心を大きく揺さぶりました。それが一方通行が変わる切っ掛けとなり、「らしくない」と自覚しながらもその時危機に瀕していた打ち止めを救うという行動に出ました。それと同時に脳の損傷をという大きなハンデを背負うことになりますが、それ以上に一方通行が得たものは大きかったのではないでしょうか。

黄泉川愛穂との出会い

P1000870

後に一方通行の保護者的立ち位置になる黄泉川愛穂との出会い。
今まで周囲にいたのが一方通行を利用する大人ばかりだった一方通行にとって彼女との出会いは大きなものだったのではないでしょうか。それが顕著に表れているのが15巻の垣根戦のあたりです。そのあたりの彼女と一方通行の会話は正に大人と子どもという感じで確実に一方通行が変わっていることが感じられるシーンでした。

番外個体【ミサカワースト】との出会い

Mw22

ミサカネットワークからの悪意を抽出することに特化した番外個体【ミサカワースト】。
学園都市が一方通行を抹殺するために放った刺客は、過去の過ちをまざまざと見せつけられるある意味どんな敵よりも恐ろしい存在でした。彼女は一方通行の罪について糾弾し、今まで行ってきた償いは一方通行の自己満足でしかない、妹達にとっては何の意味も持たないと言い放ちます。戦いを経て彼女とは共闘関係を結びますが、この出会いと戦いは一方通行にとって大きな意味をもたらしたことでしょう。

上条当麻との出会い

81b1b493

実験を止めた上条当麻。その姿は一方通行の心に鮮明に焼付きました。「理想のヒーロー像である彼のようにはなれない、だから自分は【悪党】として自分のやるべきことをやろう」というように上条当麻という存在、そのヒーロー性を良くも悪くも一方通行は指針にしているところがありました。ロシアでの2度目の対決を経てそれも少し変わった(?)ようです。これからの一方通行がどんな活躍を見せてくれるか楽しみですね!

一方通行の今後に期待!

今回は一方通行のターニングポイントになったであろう出会いをピックアップしてみました。
筆者から見て一方通行は精神的に脆く、まだまだ成長途中の子どもに見えます。それ故に無限の可能性があると思うのです。これからどんな人と出会い、どんな成長を見せてくれるのか楽しみですね!