目次

  1. まずは話しを作ってます
  2. テーマと大まかなキャラを固められていきます
  3. 次は大まかなストーリーの流れが決まっていきます
  4. 大まかに出来上がったストーリーやキャラがページごとに割り振られていきます
  5. いよいよ原稿におこされていきます
  6. 週刊雑誌の漫画家さんの大変さがわかります

まずは話しを作ってます

一見あまり時間を要さないようで、実は作画よりも時間を要するのがこの作業です。

ひとつの作品にはテーマ、キャラ、演出、ムードなど、さまざまな要素が絡み合わさって出来ています。その要素たちがどんなものかを考え、うまく調合し、どんな作品に仕上げていくか?この時点でしっかり練っておきます。

出典: WWW2U.BIGLOBE.NE.JP

Yjimage

“スポット=どこに焦点を当てるか!

このスポットストーリーこそ、キャラもしっかり書けて、ストーリーも乗かって収まりがよくなる読み切り作品となる訳です。

つまりゴールをどこに決めるか?”
引用先http://manganokakikata.web.fc2.com/main/suto-ri-/story01/story01.html

テーマと大まかなキャラを固められていきます

Yjimage

“キャラに最低限必要なのは、物語の核となる動機です。
主人公はなぜこの物語の中にいるのか?それが分からないことには読者に共感は得られません。

しかもそのキャラ達がきちんとストーリーに関与して
重要な役割を果たしていないなら、邪魔なキャラになります”
引用先:http://www.geocities.jp/kyosukemanga/teku02.htm

1285580519

“尾田っちが連載開始前に書いたONE PIECEの世界の地図らしいのですがこの地図から2つのことが読み取れます。”
引用先:http://resetsu.mangadou.net/グランドカウントダウン%20全4回 感想・考察他

次は大まかなストーリーの流れが決まっていきます

ストーリーとは、自分の思い描いた設定、世界観、キャラクター、ネタなどを組みあせてひとつのお話にすることです。

でもよっぽど想像力のある人でない限り、ゼロからイメージを膨らませ、思い描くのは難しいです。

ある日、ふとニュースや、テレビ、インターネットなどを見ていて、”これは、漫画にするとおもしろいかも!”という風に
イメージが膨らんでくる時はありませんか? え、そんなことはない?
いえ、きっと自分が描きたいストーリーのヒントは日常にあふれているはずです。

出典: WWW.GEOCITIES.JP

Yjimage

“この辺りからキャラクターも重なり合いますから、難しくはなっていきますが、いかにストーリーだけを考えるかという視点から入ります。”
引用先:http://manganokakikata.web.fc2.com/main/suto-ri-/story02/story02.html

大まかに出来上がったストーリーやキャラがページごとに割り振られていきます

Yjimage

箱書き、シナリオ。
そして、漫画家がよく口にするネームづくりへと進んでいくのです

1285589443

ワンピース作者、小田先生のネームです

いよいよ原稿におこされていきます

Yjimage

下書き→ペン入れ→ベタ塗り(塗りつぶし)&ホワイト(修正、ハイライト)がけ→トーン貼り→完成!

引用先http://www2u.biglobe.ne.jp/~sugaama/manga/dekirumade2.html

私たちが楽しみにしている漫画は、このような流れで作られています

週刊雑誌の漫画家さんの大変さがわかります

ネームも下絵もただ描いてそれでOKというわけではありません。何度も試行錯誤を繰り返し、OKが出てそれでやっと原稿の作業に取り掛かることができます。売れる話を作らなければいけないのでね。
それを一週間でなんて…やはり地獄だと思います

出典: DETAIL.CHIEBUKURO.YAHOO.CO.JP