目次

  1. Emotions
  2. database feat. TAKUMA(10-FEET)
  3. Seven Deadly Sins
  4. まとめ

19XX年、地球が度重なる戦禍に見舞われていた時代、エレクトリックレディーランドと呼ばれる地球の最果てで、天才生物学者であるジミー・ヘンドリックスによるマッドサイエンスの結果生まれた生命体とされる。ジミー自身はギターを趣味としていたことで、音楽の能力がプログラミングされた。超人的な肉体と頭脳を持つため、アドルフ・ヒトラー、ヨシフ・スターリンと言った権力者から、ギレン・ザビに至るまで利用されることとなり、罪の意識に苛まれたジミーは誰の手にも渡らせぬよう、命と引き換えに南極の氷河の中に氷漬けにした。
凍結中は、オオカミならではの発達した聴覚で世界中の様々な音楽を聴いていたが、1997年に開催されたAIR JAMで演奏された音を聴いたことをきっかけに、音楽で何か世界を変えられないかと音楽活動を志すようになる。以後凍結状態が続いていたが、2010年になり、地球温暖化の影響で氷が融けてしまったために復活し、バンド活動を開始した。

Wikipediaより

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

Emotions

MAN WITH A MISSION「Emotions」

映画「HK 変態仮面」の主題歌として起用され、映画の独特な雰囲気に熱いロックで華を添えました。話題沸騰だった映画の主題歌だけに、CMなどで聴いた事がある方も多いのではないでしょうか?
「え?変態仮面でしょ?」と思ったアナタ!ぜひ映画を観てからこの曲を聴いて下さい!変態仮面の男らしい生き様とマンウィズのロックの相性が抜群だと実感せずにはいられません!保証します!

database feat. TAKUMA(10-FEET)

MAN WITH A MISSION 『database feat.TAKUMA(10-FEET)』

NHKで放送されたアニメ「ログ・ホライズン」の主題歌としてオープニングを盛大に盛り上げたのがこの曲!10-FEETのTAKUMAの参加でさらに豪華になったマンウィズのロックは「ログ・ホライズン」というアニメの世界観にバッチリとマッチしてワクワクします。
PVもカッコいいですが、アニメのオープニング映像もカッコいいので未見の方には両方チェックして欲しいですね!

Seven Deadly Sins

MAN WITH A MISSION 『Seven Deadly Sins』

アニメ「七つの大罪」のオープニングテーマとして起用されたのが「Seven Deadly Sins」!ロックでありながらどこか透き通るような清涼感もある曲調は一度聴いたら病みつきになるカッコよさがあります。激しさと涼やかさという相反するイメージを見事に1つにした名曲なので、耳を傾けていると自然に聴き入ってしまう魅力的な1曲だと思います。

まとめ

いかがでしたか?狼の姿で熱いロックを奏でる「MAN WITH A MISSION」!10月からの「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」では「Raise your flag」という新曲できっとアニメのオープニングを盛り上げてくれるでしょう。
なんと!エアロスミスのスティーヴン・タイラーも「Cool!!」と絶賛してお気に入りだという「MAN WITH A MISSION」!マンウィズを知らないなんてロックじゃないぜ!と思わず熱く語ってしまいそうです(笑)
ますます活躍の場を広げて目が離せない注目のロックバンド「MAN WITH A MISSION」。その熱いロックにぜひ耳を傾けて頂きたいと思います☆

WWW.MWAMJAPAN.INFO

AMEBLO.JP

TWITTER.COM

WWW.FACEBOOK.COM