目次

  1. 鋼の錬金術師/荒川弘
  2. 7SEEDS/田村由美
  3. はじめの一歩/森川ジョージ
  4. ハガネの女/深谷かほる
  5. 満月(フルムーン)を探して/種村有菜

鋼の錬金術師/荒川弘

Image

~引用~
幼い頃、亡くなった母トリシャ・エルリックにもう一度会いたいという想いから、錬金術において禁忌とされる人体錬成を行った兄エドワード・エルリックと弟アルフォンス・エルリック。しかし錬成は失敗し、兄は左足を、弟は全身を失ってしまう。エドワードは自身の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成して、鎧に定着させることに成功し、なんとか一命を取り留めることができた。身体と左足右腕を失うという絶望の中、兄弟は「元の身体に戻る」という決意を胸に、その方法を探すべく旅に出る。

ガンガンコミックスデラックス:全18巻
引用先:http://dic.pixiv.net/a/鋼の錬金術師

Yjimage

~引用~
ひたすら前を向き現実や過去と戦う姿がいいです。エドワードが決断した事は前例がないものであり、セリフも並大抵の人が言えるものではない。でも苦悩する姿がどこか共感を呼ぶのでしょう。賢者の石だけが目的と言うわけではなく悪をほうっておけない部分など様々です。
引用先:http://sakuhindb.com/jmanga/7_Hagane_20no_20rennkinn_20jyutu_20si/

7SEEDS/田村由美

Yjimage

~引用~
『7SEEDS』(セブンシーズ)は田村由美の作品で2001年11月から連載が開始されており、現在「月刊flowers」で連載中の漫画です。地球に巨大天体が降り、様々な災害に見舞われた未来の地球で目覚めた少年少女たち。必死に生きようとする中で傷つきながらも成長していく冒険の物語。2007年に、平成18年度(第52回)小学館漫画賞少女向け部門を受賞した話題の人気作品です。ちなみに各章には邦楽の有名な曲と同じタイトルがつけられています。そこらへんも注目!
別冊少女コミック→月刊フラワーズ:28巻以下続巻
引用先:http://kinoubi.net/hanya/g/7seeds.html

Yjimage

傑作と言ってしまっても良いと思います。スケール、オリジナリティ、エンターテイメントととしての上質さ、強烈なメッセージ性など、どれをとっても現代最高峰の漫画と言えるのではないでしょうか。読んだことのないという人には強く強く勧めたいと思う作品です。
引用先:http://sakuhindb.com/jmanga/7_Seven_20SEEDS/

はじめの一歩/森川ジョージ

Yjimage

いじめられっ子の少年、幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守と出会ってボクシングを始め、一流選手となって活躍する姿を描く人気ボクシング漫画。

少年マガジンコミックス:109巻以下続巻

Yjimage

~引用~
真面目な主人公がたくさん練習して、必死に悩み戦い、勝ちにたどり着く、たまに負けるという、少年漫画として非常に素晴らしいスポーツ作品だと思う。

ありがちな、楽して勝つという甘えた漫画構成から抜け出し、並々ならぬ努力をはっきり読者見せつけ、その大切さを勝利の気持ちよさとともに知らしめる作風は、いろいろな作品にも見習ってもらいたいです。

折れない心の支えになっている、男同士の友情、ライバル心も、練習や試合に耐えきる強さの根拠として、かなり説得力あります。

そして、日常パートのメリハリのついたギャグも見事。この漫画の、第二の原動力です。主人公とヒロインの、超純粋なラブコメなんか、いつ決着がつくのか、目が離せません。

しかし、余談として、一歩のアレが神大きいという設定がありますが、久美さんその時になって大丈夫なのか、無駄に気になるのですが…。
引用先:http://sakuhindb.com/jmanga/7_Hajime_20no_20Ippo/

IPPO-100.COM

ハガネの女/深谷かほる

Yjimage

小学校教師の芳賀稲子、通称・ハガネが、1年で3度も担任が辞めていった問題のクラスに立ち向かう。問題があるのは子供たちか、それとも保護者たちか、ハガネが学園の問題を見抜いていく。

クイーンズコミックス:10巻

いやー、あなどって申し訳ない!

浅いどころか、深い深い。
ぐいぐいと引き込まれるストーリー展開のうまさにヤラれました。

大人にも子供にも、
親になった人にも、
もちろん教師という職業を選んだ人にも
読んでもらいたい良作。

出典: BLOGS.YAHOO.CO.JP

満月(フルムーン)を探して/種村有菜

Yjimage

歌手を目指す12歳の少女・神山満月は、病気のため余命1年と知りつつも、死神タクトの力を借りて16歳の少女の姿に変身し、「フルムーン」として芸能界デビューを果たすのであった。

りぼん

Yjimage

~引用~
私が初めて、この漫画を読んだ時、主人公の満月と歳が変わらなかったのに、
この子は常に“死”と隣り合わせなんだな〜って思いました。
私は健康といえば健康だけど、“死”と隣り合わせではない。
“死”と隣り合わせって、一体どんな感じなんだろう?
「死んでみたい」って、簡単に言える事なのかな?
色々な謎が詰まった物語だと思いました。
http://www.amazon.co.jp/満月(フルムーン)をさがして