目次

  1. HUNTER×HUNETR
  2. BASTARD!! -暗黒の破壊神-
  3. ベルセルク
  4. 名探偵コナン
  5. 喧嘩稼業
  6. NANA
  7. ヒストリエ
  8. 銀の匙

HUNTER×HUNETR

129027021

作・富樫義博
週刊少年ジャンプより1998年〜連載

休載が非常に多く、1999年以降は毎年10回以上休載している。長期休載も多いため、連載が再開されるときはニュースにさえなるほどである。最長の休載は2012年16号から2014年26号までの2年2ヶ月(ただしクラピカ追憶編の読み切りが2012年12月3日に発売された週刊少年ジャンプ1号と12月10日発売の2号に掲載されている)。単行本の刊行では24巻は前巻から1年7か月の開きがある。2015年2月現在、前年2014年37、38号合併号の掲載を最後に、長期休載に入っている。この長期休載では「腰痛」と理由が明示された。当初は2週間限りの予定であったが、回復の遅れが長期に及び未定になっている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

BASTARD!! -暗黒の破壊神-

20120503121617810

作・萩原一至
1988年〜

『週刊少年ジャンプ』での連載が1989年に中断して以降、『週刊少年ジャンプ増刊』、再び『週刊少年ジャンプ』、『ウルトラジャンプ』(いずれも集英社)と掲載誌を移っており、長期にわたって連載されている。2014年現在、『ウルトラジャンプ』にて不定期連載中。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

ベルセルク

51vc2cm1t7l

作・三浦健太郎
『ヤングアニマル』誌の前身である『月刊アニマルハウス』1989年10月号〜不定期に連載

20年以上に渡る長期連載作であるが、不定期連載の形式をとっており、休載期間が年単位に渡ることもある。作者は休載期間中も過労に陥るほどの執筆作業を続けており、掲載誌の巻末コメントで自身の体調に関する不安を度々述べ、「死ぬまでに頭の中を全て出せるのか」など完結に対する危惧を自ら語っている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

名探偵コナン

B366befd

作・青山剛晶
「週刊少年サンデー」にて1994年〜連載

『週刊少年サンデー』(小学館)で連載中の人気漫画『名探偵コナン』が25日発売の2015年17号から不定期掲載になることが16日、小学館への取材でわかった。作者の青山剛昌氏が手術をし入院生活に入るため。小学館は青山氏について「昨年から入退院を繰り返していた」としているが具体的な病名などは明らかにしていない。

出典: HEADLINES.YAHOO.CO.JP

喧嘩稼業

51f7ozszhtl. aa300

作・木多康昭
『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて2005年〜『喧嘩商売」として連載

2010年40号(9月6日発売)で第一部を完結。単行本は全24巻。長期休載を経て2014年2・3合併号(2013年12月9日発売)より第二部が開始し、『喧嘩稼業』(けんかかぎょう)とタイトルが改められ連載が再開されている。単行本は既刊3巻

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

NANA

1d15fd292d4e93c63fcb7494ae263de8

2000年〜『Cookie』(集英社)にて連載中

漫画は当初『りぼん』の増刊号という位置づけの『Cookie』1999年Vol.1、同Vol.2に読み切りとして掲載され、『Cookie』が月刊誌として昇格新創刊されると『Cookie』2000年7月号から同誌に連載された。
『Cookie』2009年8月号から、作者急病のため休載している

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

ヒストリエ

E38392e382b9e38388e383aae382a8

作・岩明 均
『月刊アフタヌーン』(講談社)において2003年3月号から連載

2006年ごろから『アフタヌーン』本誌で休載が目立つようになっているが、2008年2月号掲載分(第43話)までを第1部とし、同3月号からは第2部として連載中である。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

銀の匙

Uhuhqiweck4yrcv

『週刊少年サンデー』(小学館、以下「サンデー」)2011年19号より連載中

荒川にとって初の週刊誌連載作品だが、他社の仕事との並行、また連載中に第二子・第三子を出産していることもあって他の連載作品と比較すると休載頻度がやや高くなっている。2014年36・37号において「家族が体調を崩したためそちらの療養をサポートするため」として以降はしばらく不定期連載となる。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG