ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

08%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。
そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

成田亨とは

00%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

成田亨は、1929年9月3日に神戸市で生まれ、幼少期より父方の故郷である青森市にて育つ。
1956年、武蔵野美術学校彫刻研究科(現武蔵野美術大学大学院)を修了。
1965年、円谷特技プロダクションの契約社員となり、「ウルトラマン」「ウルトラセブンなどに参加する。」
1968年、円谷プロを退社。(円谷プロとは、ウルトラマンのデザインの著作権のめぐって争いとなる)
1980年頃に、特撮ファンにより再評価の機運が高まる。
2002年2月26日、多発性脳梗塞により没。

ウルトラQ

第14話からの美術として参加。
ガラモンやケムール人などの怪獣のデザインを行う。

02%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ガラモン
宇宙怪人セミ人間によって造られたロボット怪獣。
改造されたぬいぐるみは、ウルトラマンのピグモンとしても登場する。

01%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ケムール人
ケムール星から来た異星人。
前方左右と後頭部左側に計三つの目を持つ。
スーツアクターは、ウルトラマンの古谷敏。

ウルトラマン

全編にわたって、美術として参加。成田亨は、ウルトラマン、怪獣、科学特捜隊の装備などのデザインを行う。

03%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ウルトラマン
ウルトラマンのオリジナルデザインには、カラータイマーは無い。

04%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

科学特捜隊
ウルトラマンの地球での姿、ハヤタ隊員の所属する、科学特捜隊。
制服のオレンジの配色は、円谷英二による指定らしい。

05%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

小型ビートル(三角ビートル)
科学特捜隊の偵察任務に使われる、小型機。
(ジェットビートルのデザインは、映画「妖星ゴラス」の「国連VTOL機」のデザインの流用で、成田亨ではない)

06%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

バルタン星人
バルタン星人は初代のぬいぐみがよく知られるが、二代目が成田亨のデザインに近い。

07%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ゴモラ
ウルトラマンの恐竜型怪獣の代表格。
丸い角は、成田亨のお気に入りのモチーフだ。

08%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ゼットン
ウルトラマンを倒した最強の怪獣。

ウルトラセブン

第30話(プラチク星人)までの美術として参加。(それ以降の怪獣のデザインは、池谷仙克による)成田亨は、ウルトラセブン、宇宙人、ウルトラ警備隊の装備などのデザインを行う。ウルトラマンに比べて、トータルなデザインの統一性が感じられる。

09%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ウルトラセブン
真っ赤なボディのウルトラセブンは、元は青ベースだったらしい。(合成技術の問題から変更)

10%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ウルトラ警備隊
ウルトラマンの地球での姿、モロボシ・ダンの所属する、ウルトラ警備隊。
ウルトラ警備隊は、銀をベースとした配色で統一されている。

11%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ポインター
ウルトラ警備隊の自動車、ポインター。
車を改造して自作する人すらいる、人気の高いデザインだ。

12%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ウルトラホーク1号
ウルトラ警備隊のメインの攻撃手段となる飛行機。
三機に分離して戦うことができる。

13%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

エレキング
ウルトラセブンを代表する怪獣の一つ。

14%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ギングジョー
ペダン星人が作ったロボット怪獣。
四機に分かれて飛来して、合体してキングジョーとなる。

マイティジャック

美術として参加。主役メカのMJ号や、その艦載機、敵組織「Q」のメカなどをデザインを行う。

nakano_makoto
nakano_makoto
@nakano_makoto

Related Articles関連記事

『ウルトラマン』解説まとめ【ストーリー・人物・企画・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

まさかの円谷プロ公式!「ウルトラ怪獣擬人化計画」地球を萌やす怪獣たちはフィギュアも熱い!

「ウルトラマンを知らない若い世代に、怪獣の魅力を通じてもっと作品を知ってもらおう」という志から始まったプロジェクトが、何をどう間違えたのか怪獣の萌え擬人化というメディア展開に発展した異色の「ウルトラ怪獣擬人化計画」! 既に商品化も始まっているウルトラ怪獣達の萌えるフィギュアをご紹介しましょう!

Read Article

今こそ注目したい!ウルトラマンゼロについてあれこれ

今やウルトラマンギンガがメインを張っているウルトラワールド。しかし、ギンガ登場まで、子供たちを大いに沸かせていたヒーローがいることをご存知でしょうか?彼の名はウルトラマンゼロ。ゲスト出演を果たした映画や主役を務めるパチンコの発表など、2015年もまだまだ目が離せません。そんなゼロについてまとめました。

Read Article

Contents