目次

  1. ミスマルカ興国物語 X(エックス)
  2. 下ネタという概念が存在しない退屈な世界
  3. Kaguya〜月のウサギの銀の箱舟〜
  4. 名作文学アンソロジー 太宰治 人間失格

物を売るためにはインパクトは不可欠ですが、インパクトが強すぎるのも困りものです。そんなインパクトの強すぎる表紙のライトノベルもあるのです。レジに持っていくには勇気が必要になるほどのインパクトを持った4冊を紹介します。

ミスマルカ興国物語 X(エックス)

作・林トモアキ、イラスト・ともぞ。インパクトという点では他の追随を許さないレベルの怪作。赤い仮面にマントの全裸の男性、その名も「ゼンラーマン」が活躍するというストーリーの時点で、普通じゃないとしか思えません。ただし、Amazonのカスタマーレビューの評価はなかなかいいようですが……。

Hyoshi4

下ネタという概念が存在しない退屈な世界

作・赤城大空、イラスト・霜月えいと。現在アニメ放映中で、各方面で話題になっている作品です。
頭にパンツを被った女性がほぼ全裸で仁王立ち……1巻から意味不明なシチュエーションの表紙は、少なくともインパクトだけは絶大なものがあります。

Hyoshi3

Kaguya〜月のウサギの銀の箱舟〜

作・鴨志田一、イラスト・葵久美子。レジに持っていくのがためらわれる表紙という意味では、現時点でもなかなか右に出る作品は少ないのではないでしょうか。
作者名を見れば分かるかもしれませんが、内容はなかなかヘビーです。表紙から連想できるようなエロ満載の中身を期待すると、確実に裏切られるでしょう。

Hyoshi2

名作文学アンソロジー 太宰治 人間失格

番外編。これ、実は小説ではなくて漫画のアンソロジーです。
太宰治もこの表紙で販売されたら……と考えると意外と楽しいものです。イメージはだだ崩れになるかもしれませんが。

Hyoshi1

さあみんな。これらの作品を持ってレジに行くんだ!(無理)