目次

  1. タイトルはやたら明るい…
  2. とりあえず、上を目指しましょう。
  3. そもそも、何でこんなに不気味になっちゃったの?
  4. おわりに

タイトルはやたら明るい…

Kyoroop

タイトル画面はとても陽気な音楽をバックに、キョロちゃんのポップな姿が描かれています。
…が、良く見るとキョロちゃん、だいぶ絶体絶命な状況に陥っていますね。

とりあえず、上を目指しましょう。

Kyorocha

キョロちゃん可愛い~♪といったテンションでスタートボタンを押すと…
え、なにこの画面。

Kyorochanland2

とりあえず、塔を登ればいいみたいなのでどんどん登ろう。
敵にぶつかったり、踏み外して地上に落ちたらミスとなるので気をつけましょう。
ちなみにこの間BGMは一切無し。キョロちゃんの足音と敵の鳴き声(?)だけが響く様はとっても不気味。
このゲームのルールはただ一つ…「塔を登る」それだけです。

こちらがキョロちゃんランドの動画。タイトル画面からステージが始まる前の効果音が、ドッキリでしかありません。
ちなみに塔を登りきった後はキョロちゃんの貴重な正面を向いた姿を拝むことが出来ます。
正直めっちゃ怖いです。

そもそも、何でこんなに不気味になっちゃったの?

Nes01

実はキョロちゃんランドには元になったゲームがありまして、元々NES…所謂海外版のファミコンで発売されたソフト、「Castelian」というソフトが元ネタなんです。

NESとは"Nintendo Entertainment System"の略であり、要するに海外仕様のファミコンのことである。同じファミコンではあるがカセットの形状が全く異なるため、NESのソフトを日本のファミコン本体で遊ぶためには特殊な専用の変換アダプターを用意せねばならない。
そしてこのNES版"Castelian"こそが「キョロちゃんランド」の元ネタである。

出典: WWW.GEOCITIES.JP

そのままFCに移植され、日本で発売される予定だったのですが、多分これじゃ売れないと思われたのか、キョロちゃんとコラボするという奇跡の事態に。

動画をご覧頂くと分かる通り、タイトルとキャラクター以外はキョロちゃんランドと全く一緒。
しかしこのキャラクターもなんとも言えないですね…豚なのか、モンスター的な何かなのか。

おわりに

ある意味で悪夢のようなソフト、キョロちゃんランド。いかがでしたか?
今ではプレミア物です。
昔はこういう変なキャラクターゲームがいっぱいあったんですね。
難易度も相当なシロモノですが、もし入手する機会があったら是非挑戦してみてください。