目次

  1. 攻撃力UPアビリティ【アタックアップ】
  2. アタックアップ――パワー属性:ディズ
  3. アタックアップ――スピード属性:緑エアリス
  4. アタックアップ――マジック属性:ビビ
  5. 【Mアタックアップ】はどう違うの?
  6. Mアタックアップ――パワー属性:フィル
  7. Mアタックアップ――スピード属性:白ウサギ
  8. Mアタックアップ――マジック属性:青エアリス
  9. 使うにはテクニックが必要?【アタックアップダブル】
  10. アタックアップダブル――パワー属性:ピンツ
  11. アタックアップダブル――スピード属性:ハイネ
  12. アタックアップダブル――マジック属性:オレット
  13. ステータスアップのアビリティは、3段階まで重ねがけが可能!

攻撃力UPアビリティ【アタックアップ】

これからご紹介するメダルが持っているアタックアップというアビリティは、【自分の攻撃力を1ターンの間、1段階アップさせて攻撃】という効果なのですが、この説明文が指す「自分」とは、ディズ自身という意味ではなく、デッキに組んでいるすべてのメダルが対象になります。
つまり、キーブレードの1枚目のスロットにディズを入れることで、攻撃力の底上げができることになります。
このアビリティの対象になるメダルには属性の縛りもないので、持っているものを1枚目にセットするだけでOK。ただし、複数属性のメダルを持っている場合は、①敵の弱点を突ける属性のメダル、②キーブレード1枠目の強化対象属性のメダルの順で優先順位をつけて使ってみるといいでしょう。

アタックアップ――パワー属性:ディズ

Unnamed

アタックアップ――スピード属性:緑エアリス

Unnamed

アタックアップ――マジック属性:ビビ

Unnamed

【Mアタックアップ】はどう違うの?

アタックアップに似ているアビリティとして【Mアタックアップ】というものがあります。これは、自身と同じ属性の攻撃力を1ターンの間、1段階アップさせて攻撃する、というもので、属性縛りがある分、先ほどご紹介した【アタックアップ】よりは使い勝手が劣ります。
ですが効果は同じなので、デッキをすべて同じ属性のメダルでそろえられるのであれば、十分に使えますよ!

Mアタックアップ――パワー属性:フィル

Unnamed

Mアタックアップ――スピード属性:白ウサギ

Unnamed

Mアタックアップ――マジック属性:青エアリス

Unnamed

使うにはテクニックが必要?【アタックアップダブル】

【アタックアップダブル】は、「自分の攻撃力を2回の間、1段階アップさせて攻撃。」
自身の後に続く2枚の攻撃力を上げるというものですから、効果が1ターン続く【アタックアップ】や【Mアタックアップ】よりは使い方がかなり限られてしまいます。が、このアビリティの特徴は、≪後に続く2枚≫の攻撃力を上げるということ。つまり、ターンをまたいでも効果が切れないのです。
テクニックが必要になってくる【アタックアップダブル】ですが、このアビリティはドロップで手に入るメダルが持っているので、入手しやすいのがいいですね。

アタックアップダブル――パワー属性:ピンツ

Unnamed

アタックアップダブル――スピード属性:ハイネ

1441336837

アタックアップダブル――マジック属性:オレット

Unnamed