目次

  1. 子供が主役の街・キッザニア
  2. 以下、大人の都合
  3. 子供を見守る
  4. ゆっくりする
  5. ヒャッハー!俺は自由だー!(買い物へいく)
  6. まとめ

子供が主役の街・キッザニア

キッザニアは楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる「子供が主役の街」。
体験可能な仕事などは、なんと90種以上!
本格的な設備・道具を使い、子供達は大人になったつもりで、様々な仕事やサービスを体験することができます。

約2/3の子供サイズで作られた街には、実際のものを模したお店や乗り物がたくさんあります。
キッザニアにはテレビ局、銀行、警察署などの建物があり、消防車や救急車も走っています。

WWW.KIDZANIA.JP

以下、大人の都合

とても楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。
さて、子供たちは楽しんでいるとして大人はどうしていればよいのかをご紹介します。

子供を見守る

O0450033712735338299

子供の自主性を大事にしているキッザニアでは基本的に大人はパビリオンに入場できません。
しかしそれでも愛するわが子を見守りたいという心底親馬鹿なあなたは周囲から子供を見守ることが可能です。
大きな窓やガラス張りになっている部分から見守りつつ動画、写真などで思い出の1ページを増やしましょう。
また、一部パビリオンには入場が許可されているものがあるので、より近くで見ていたい場合にはそちらへ子供を誘導するのも良いでしょう。

ゆっくりする

Chair01

キッザニアには、保護者である大人たちのための専用ラウンジが用意されています。
ラウンジでは、テレビをみる、読書する、無料のインターネットサービスも利用できます。
有料ですが、ドリンクバーもあります。
いうなればネットカフェのようなイメージで良いのではないでしょうか。

ヒャッハー!俺は自由だー!(買い物へいく)

Top

小学校1年生以上の子供の保護者は、規約同意書に記入することでキッザニアより一時退出することが可能です。
つまり子供達が楽しんでいる間にパパママはお買い物デート、ということもできます。

まとめ

いかがでしたか?
こちらのキッザニアは小学校低~中学年くらいがおすすめです。
それ以上の年齢の子だと、子供によっては少し物足りなく感じてしまうかもしれません。
しかし、親は楽が出来るので、たまには・・・という方は検討してみてはいかがでしょうか?
もちろん、屋内型ですので、雨でも安心ですよ!

RENOTE.JP