目次

  1. 坂本真綾さんとは
  2. 亡国のアキト
  3. モアザンワーズ:主題歌
  4. ツバサ・クロニクル
  5. ループ:ED1
  6. カードキャプターさくら
  7. プラチナ:OP3
  8. おまけ

坂本真綾さんとは

日本の女性声優、舞台女優/ミュージカル女優、歌手、ナレーター、ラジオパーソナリティ、エッセイスト。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

近年声優を務めた有名どころだけでも「エヴァンゲリオン:マリ」「黒執事:シエル=ファントムハイヴ」
「物語シリーズ:忍野忍」「アルスラーン戦記:ファランギース」「七つの大罪:マーリン」などがある。

亡国のアキト

20140118 3737d9

本作品ではヒロインの声を担当。

モアザンワーズ:主題歌

アニメのダークな雰囲気と相性ぴったりのこの曲。
孤独感の中にも美しさが感じられる曲調でありながら、どこか儚さも感じられる。
また、繰り返される歌詞の一部は「生きることの意味」と正面から向き合う作品の登場人物にも共通しており
独特な世界感を作り出している。

〈作品情報〉
2012年に発売された21作目のシングル。
作詞は岩里祐穂・坂本真綾、作曲は菅野よう子が担当。

ツバサ・クロニクル

47215639

本作では知世(ともよ)の声を担当

ループ:ED1



暖かさと優しさが前面に押し出されているこの曲。
歌詞を深読みすればするほど奥が深いものになっている。
リアルタイム視聴者の方にはたまらなく懐かしいのではないだろうか?
そしてそれが原因かは定かでないが、「ループをループしてるよ!」という声をたまに耳にする。

〈作品情報〉
2005年に発売された12枚目のシングル。
作曲・編曲はh-wonderが担当

カードキャプターさくら

D0003952 0191962

「劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード」にて「無」のカードの声を担当。

プラチナ:OP3

ド定番中のド定番!
この3曲の中では最も知名度が高いのではないだろうか?

〈作品情報〉
1999年に発売された坂本真綾5枚目のシングル。
作曲・編曲は菅野よう子によるもの。

おまけ

以上が、筆者の独断と偏見による「思い出の相乗効果もあって切なくなる」オススメの3曲である。

また今回調べていく中で、歌手としてだけではなく幅広ク活動をしていることが判明した坂本真綾さん。
今後の彼女の活躍にも期待したい。


WWW.YOUTUBE.COM