目次

  1. 前置き
  2. ツバサ ‐TOKYO REVELATIONS‐(東京編)
  3. さいごに

前置き

本作はアニメ「ツバサ・クロニクル2期」16話の続きのストーリー。
※)17話からはアニメオリジナル展開となっており、原作とは異なる。

RENOTE.JP

スターシステムとハイパーリンクによって【ツバサ】ではCLAMP作品から度々パラレルワールドのキャラが登場する。
本章では【カードキャプターさくら】の主人公、木之本桜がちょっとだけ登場!(※一言も喋らないが)
原作にも無かった突然のサプライズに歓喜の声を上げたファンも多いのではないだろうか?

Sakura kinomoto in tokyo revelations

「はにゃ~ん」の桜はいつ見ても可愛いな!こんな子に手を差し伸べられたら地の果てまでついて行くわ!!

Tokyo revelations ova 3 dvdrip tsubasa reservoir chronicles 29503736 1280 720

そして【X~エックス~】からは東京編(全3話)を通して、神威、封真、昴流をはじめとするその他主要人物が続々登場。
多重世界の人物なので全く同じ設定という訳ではないが、連載打ち切り状態のXファンにとっては懐かしいアニメーション化だった。

ツバサ ‐TOKYO REVELATIONS‐(東京編)

Tsubasa reservoir chronicle   tokyo revelations ova   09

レコルト国から移動した旅の一行がたどり着いたのは、環境汚染の深刻化で荒廃した「トウキョウ」と呼ばれる国。

相手に深入りすることを避けて「魔法は使わない」と宣言していたファイだが、何の心境の変化か魔法を使ってモコナの次元移動の手伝いをしたのだった。
一方、小狼は先刻までの記憶が途切れていることに違和感を覚える。
決して本性を見せないように振舞うファイと、自分の中にある得体の知れない何かの存在に気づき始めた小狼。
そんな変化が見られる2人をモコナは気遣うが、黒鋼はひとり疑わしげな目を向けていた。

全くひとけがないトウキョウの国・・・。
瓦礫と化した廃墟をしばらく散策していると酸性雨が降ってきた為、旅の一行は原型が保たれている建物〈都庁〉に逃げ込む。
しかしそこは「神威」という吸血鬼が率いる、人間グループの縄張りだった。
彼らは小狼を「侵入者」と呼び攻撃を仕掛けて来たため、バリバリの戦闘キャラである黒鋼が刀で応戦する事になる。

Img 1

いきなり始まる黒鋼と神威の凄まじい一騎打ちに注目!
スピード感あふれるBGMと流れるような戦闘シーンが視聴者を魅了する。
そもそも、忍者と吸血鬼の戦いが面白くないわけがないのである。

原作の漫画でも面白かったが、ここはぜひ迫力満点のアニメーションで見て頂きたいシーンである。

Tokyo revelations ova 1 dvdrip tsubasa reservoir chronicles 29573385 1280 720

黒鋼が渾身の一撃食らわせるも、吸血鬼である神威には大した深手を負わせることができなかった。
結局勝負は引き分けとなり、都庁のリーダーである神威の許しと世渡り上手のファイが機転を利かせ、両者は和解。
旅の一行は都庁に招き入れられる事になる。

Tokyo revelations ova 2 dvdrip tsubasa reservoir chronicles 29546279 1280 720
Tokyo revelations ova 1 dvdrip tsubasa reservoir chronicles 29573134 1280 720

15年前からトウキョウの世界では酸性雨が降り続いていること、
その影響で地上に存在するありとあらゆる水が飲み水として使用できなくなっており真水が貴重になっているという事、
唯一ある真水は都庁と東京タワーにあり、それを巡って争いが起きているということ、
これらが現地の人間から聞き出した「トウキョウ」という異世界の情報であった。
そして先ほど神威たちが小狼を「侵入者」と呼び攻撃を仕掛けてきたのは、貴重な水を横取りしに来た人間だと勘違いしてのことだったらしい。

それにしても何故、都庁とタワーだけが建物の形を保っているのか?
サクラの羽の力が関係しているのではないかと踏んだ小狼達は、羽を手にするまで都庁に留まる事にしたのだった。

Img 2

『ここに留まるなら働いてもらう。食料も何も足りているものなんてないんだからな( ´_ゝ`)』

都庁を仕切っているメンバーにそう言われてしまえば、働かないわけにもいかない。
眠っているサクラと、ほぼ番犬と化している黒鋼は都庁で留守番。
翌日、小狼とファイ、そしてモコナは食料調達の狩りに同行し、手伝いをすることに。

ちなみに食料とされているのは、巨大化したミミズのような生き物・・・。
環境汚染に適応した結果なのだろうか?
毎回こういった細かい演出が物語に絶妙なリアリティを持たせる。

Img 3

狩りが終わったところへ現れたのは敵対する「タワー」のメンバーだった。
神威VS封真でひと悶着ありながらも、都庁のメンバーの話題は神威がトウキョウにやってきた頃の話になり、
神威も旅の一行同様に異世界からやってきた人物だということが判明したのだった。

そして何気ない会話の最中、再び小狼の様子が別人のように豹変する・・・。
普段の温和な人格と、時折現れる冷徹な人格。一体どちらが本当の小狼なのだろうか?

Img 0

ある異変をいち早く察知したのは「トウキョウ」とは別の世界に身を置く「次元の魔女」と、目をカッと見開いた「黒モコナ」だった。
そして同じ頃、飛王・リードの根城では飛王によってかけられていた封印を解いたもう一人の小狼が、魔力を回復させ目を覚ます。