目次

  1. 『龍が如く』の魅力の1つ、”ヒートアクション”!
  2. 龍が如く2 ヒートアクション大全
  3. 龍が如く2 おもしろアクション集
  4. 『4』では新たな主人公達の個性あふれるヒートアクション満載!
  5. 雑魚敵との戦闘すら飽きないゲームです!
  6. 【関連まとめ】
  7. シリーズ作品
  8. 龍が如く関連

『龍が如く』の魅力の1つ、”ヒートアクション”!

ヒートアクションとは『龍が如く』シリーズ恒例の戦闘アクションです。

戦闘時ヒートゲージが溜まると発動できる技である。
素手だけでなく落ちているアイテム(棒、ゴミ箱や注射器、ボーリングの玉など)、柱や壁やガードレールなどを使うことも可能である。
そこいらにいるザコなチンピラであれば一撃で倒すこともできる反則技である。

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

難しいコマンド入力は必要なく、△ボタン1つで出せる簡単仕様!
その分、演出に力が入れられており、プレイヤーを虜にさせるような大迫力のアクションが楽しめます。

龍が如く2 ヒートアクション大全

ヒートアクションはバリエーションが豊富。
そこらへんに落ちているアイテムはもちろん、壁や縁石などのオブジェクトを利用したヒートアクションもあります。

龍が如く2 おもしろアクション集

バットやドスなどのいかにもな武器に加え、「こんなものまで利用するのか!?」と突っ込みたくなるようなものも武器として利用します。

『3』では演出やモーションがさらに強化!
素手でのヒートアクションはまるでアクション映画を見ているかのよう。

武器の種類が増えた事により、
特に刀を使ったヒートアクションは時代劇の殺陣のような迫力です。

『4』では新たな主人公達の個性あふれるヒートアクション満載!

『龍が如く4 ~伝説を継ぐもの~』ではシリーズ初の複数主人公が登場します。
3人の新たな主人公達の個性はヒートアクションにも反映されています。

スカイファイナンス社長、秋山駿は足技を中心としたヒートアクション。
スピードとテクニカルな足技を織り交ぜたヒートアクションが楽しめます。
神室町の顔とも言える存在である為、神室の住人達から様々なアイテムを秋山に渡して戦闘を手助けしてくれます。

事件の真相を突き止める為に脱獄した死刑囚、冴島大河はパワー系ヒートアクション。
大型バイクを持ち上げるなど、単純な力なら桐生一馬を凌ぐ冴島。
そのパワーを活かしたダイナミックなヒートアクションが多いです。

ダニと呼ばれる不良警官、谷村正義は捕縛術をミックスしたヒートアクション。
相手を無力化する技に特化したキャラクターですが、その特徴はヒートアクションにも反映されています。
景観としては明らかにやりすぎな技もありますが、そこはご愛嬌です。

シリーズを通しての主人公、桐生一馬のヒートアクションももちろん進化しています。
あらゆる面においてバランスが取れており、状況対応能力は4人の主人公中ナンバー1!
あらたなヒートアクションも追加されており、従来の主人公として圧倒的な存在感です。

雑魚敵との戦闘すら飽きないゲームです!

アクションやRPGでありがちですが、ある程度強くなるとザコ敵との戦闘に飽きてくるものです。
しかし『龍が如く』はその豊富なヒートアクションにより、戦闘に飽きが来ません。 
△ボタン1つで出せる簡単仕様なので、むしろザコとの戦闘が楽しくて仕方ありません。
『龍が如く』シリーズをプレイした事がないという人はぜひ1度プレイしてほしいです。

【関連まとめ】

シリーズ作品

RENOTE.JP

RENOTE.JP

RENOTE.JP

RENOTE.JP

RENOTE.JP