目次

  1. これで全身が描けるようになる!アタリと人体バランス講座!超基本編
  2. 個人的、女性首肩?(イロイロ)
  3. 動きのあるポーズを描く時に)ry
  4. 手の描き方習作まとめ
  5. 色気のある手の描き方
  6. まとめ

これで全身が描けるようになる!アタリと人体バランス講座!超基本編

HKN(はくん)が投稿された「これで全身が描けるようになる!アタリと人体バランス講座!超基本編」では、人体のバランスのアタリの取り方が非常に分かりやすく解説されています。
等身を分割していくというのは非常にシンプルかつ斬新な方法ではないでしょうか?

個人的、女性首肩?(イロイロ)

0033さん投稿の「個人的、女性首肩?(イロイロ)」では首、肩、腰のラインが描く曲線をいかに表現すれば良いかを様々なポーズで解説してくれています。
美しい女性を描くには曲線美が大切という事がよく分かる講座です。

動きのあるポーズを描く時に)ry

Kyachiさんが投稿された「動きのあるポーズを描く時に)ry」では、「コントラポスト」という視覚芸術の知識や重心のかかりかたを意識した絵の描き方が紹介されています。
理論的に裏付けされた描き方というのは絵に説得力を持たせてくれますね。

手の描き方習作まとめ

キタジマ_kitajimaさんの「手の描き方習作まとめ」では、誰もが苦労する手の描き方が簡単な方法から徐々にステップアップする感じで解説されています。
ペラペラハンドから徐々に情報量を増していく事で手が完成していく様子は勉強になります。

色気のある手の描き方

もんでんあきこさん投稿の「色気のある手の描き方」では、手の関節を意識した描き方を分かりやすい解説付きで紹介してくれています。
動きに放射状のアーチを取り込む事で、手の描き方に優雅な躍動感が付加されていくのが分かります。

まとめ

いかがでしたか?体や手は人物を描く上で一番最初にぶつかる壁のように思いますので、ここで紹介した様々な方の描き方講座を参考にしてみると良いかもしれません。
バランスを意識したり、重心や曲線をイメージしたり、色々なアプローチの仕方がありますね。絵の描き方の相性は人それぞれですから、紹介した描き方講座の中からご自分に合った手法が見つかるようでしたら幸いです。

絵を上達させるには地道に経験を積み重ねていくしかありませんので、どうかこれらの描き方講座を参考に更なるステップアップを目指して下さい。