目次

  1. 聖剣伝説LEGEND OF MANAとは
  2. LOMの魅力
  3. LOMを振り返る

聖剣伝説LEGEND OF MANAとは

Lomana

『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』(せいけんでんせつ レジェンド オブ マナ)は1999年7月15日にスクウェアから発売されたPlayStation用コンピュータゲームソフト。略称は「聖剣伝説LOM」、「LOM」など。2010年7月28日より、ゲームアーカイブスで配信されている。

概要

『聖剣伝説』の名を冠したアクションRPGではあるが、様々な新システムが導入されている。

別セーブデータの主人公を召喚して一緒に冒険できたり、お互いの作った武具を売買できるなど、1つのゲームセーブデータに留まらない行動も可能。

特に自分で武具を生成できるシステムは膨大な材料の組み合わせと、エネルギーや付加能力などの複雑な計算式により、ゲーム製作者すら予期していない4桁の攻撃力を持つ武器を作れるなど、やりこみ要素についても従来シリーズとは一線を画すものとなっている。

1999年当時の家庭用ゲームは既にポリゴンを用いた3D画面が主流で、且つスクウェアは当時3DCG製作の最盛期にあったが、本作はドット絵による2D画面であり、CGムービーなども極限られた部分でしか使用していない。これは当時のスクウェアにとって非常に異例なことである。そのドット絵も大変に緻密で繊細なものとなっており、亀岡慎一のキャラクターイラストをはじめとした独特な美術デザイン・イラストレーションをかなり正確に再現している。

システム

特徴的なシステムとして「ランドメイクシステム」が挙げられる。また固有のシステム名を持たないがキャラクターカスタマイズ、武器防具作成、ゴーレム製作といった個々のシステムも独特で、バトルシステムもリングコマンドを廃するなど従来シリーズとは全く違ったものとなっている。

逆に踏襲されたものとして、精霊とそれが持つ8つの属性が挙げられる。
ランドメイクシステム

「ランドメイクシステム」は、何も無いワールドマップ上にプレイヤー自身でオブジェクトを配置し、箱庭のように世界を構築していくシステムである。

本作の舞台となるのは「ファ・ディール」と呼ばれる世界の一地方であるが、プレイヤーはゲーム開始時にワールドマップ上のどこを冒険の舞台とするかを指定し、そこに「アーティファクト」と呼ばれるオブジェクトを配置する。すると、アーティファクトは町やダンジョンなどの「ランド」に変化し、プレイヤーはそのランドを冒険することができるようになる。

ランドには個々に属性の強弱「マナレベル」が設定されており、それが隣接するランド同士で影響し合う。マナレベルは特定のイベントの発生条件、出現モンスターの強さ、魔法の効果、果樹園での果実熟成値に影響を与える。

また、町ランドには配置順とマイホームからの距離によって店レベルが設定される。店レベルによって町にある店の品揃えも変わる。

同じスクウェア製作の『ファイナルファンタジータクティクスアドバンス』にランドメイクシステムと類似したシステムが採用されている。

主導したのはディレクターの石井浩一。石井は『サガ フロンティア』の開発当初から構想しており、それをベースに設計したという[1]。
バトルシステム

『聖剣伝説3』から踏襲されていることであるが、移動モードと戦闘モードが明確に分離している。本作ではさらに、敵とエンカウントした場合、逃げることは不可能となっている。エンカウントした全ての敵を倒すことで勝利となり、戦闘モードが解除され、キャラクターのヒットポイント(HP)は全快する。

戦闘モードでは弱攻撃、強攻撃、アビリティ、コマンド技、必殺技、魔法を駆使して戦う。攻撃及び移動速度が武器種ごとに設定されたものとなる。武器種は全11種あり、短剣・片手剣・両手剣・片手斧・両手斧・ハンマー・槍・ロッド・ナックル・ヌンチャク・弓矢である。縦方向への武器攻撃は出来ず、横方向のみ可能。必殺技と魔法以外の行動はタイミングよくボタンを押すことで行動同士を繋いでいくこと(コンボ)が可能で、方向キー入力によるコマンド技が繰り出せるなど、その操作性はベルトスクロールアクションゲームに準じたものとなっている。また、リングコマンドシステムが廃止され、戦闘モード中に装備の変更やアビリティの再設定などは一切できないため、従来シリーズよりもアクションの腕前が要求される。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

LOMの魅力

Lom 03 cs1w1 640x480

聖剣伝説LEGEND OF MANA(以下LOM)の魅力と言えば、やりこみ要素にあるだろう。
イベントによる選択肢によって、仲間になるキャラ、死んでしまうキャラや
イベントをこなす順番によって、最後まで見届けられないものもある。
さらに、武器や防具を自分で作れたり、
果樹園で果物等を栽培できたり、ペットを育て冒険に連れていくこともできる。
他にも多くやりこみ要素がある。
また、音楽にも定評があり、ファンからは支持を受けている。

689c4f04 s
Game seiken lom 02

LOMを振り返る

冒険を進めていくと武器や防具などを作るために必要な素材が手に入れることができる。
冒険を進めるその順番によってはレアな素材の入手数に関係する。
そんな自由でありながら、シビアな一面があるのだこのゲームの魅力だ。
他にも一度のプレイでは見られないイベントの結末など多くの要素に夢中になったプレイヤーも多いはずだ。
ポップなグラフィックとは裏腹に重厚な作りがこのゲームにはある。
それは聖剣伝説シリーズの醍醐味ではなかろうか。
まだ、プレイしたことのない聖剣ファンは一度プレイしてみてはいかがだろうか。

202