目次

  1. 映画「クレヨンしんちゃん」23年の歴史を振り返る!
  2. まとめ

Wikipediaの情報を参考に、クレヨンしんちゃん劇場作品の興行収入と受賞歴を確認し、公開年順にまとめてみました。
はたして、クレヨンしんちゃん劇場作品はどれだけの実績を残しているのでしょう?

映画「クレヨンしんちゃん」23年の歴史を振り返る!

1993年
クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王
興行収入 22.2億円

1994年
クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝
興行収入 20.6億円

1995年
クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望
興行収入 14.2億円

1996年
クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
興行収入 12億円

1997年
クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡
興行収入 11.3億円

1998年
クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦
興行収入 10.6億円

1999年
クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦
興行収入 9.4億円

2000年
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル
興行収入 11億円

2001年
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
興行収入 14.5億円
第三十三回星雲賞メディア部門参考候補作選出。
第23回ヨコハマ映画祭日本映画ベストテン第8位。
キネマ旬報オールタイムベスト・テン アニメーション部門7位。
日本のメディア芸術100選アニメ部門選出。
日本オタク大賞2001オタク大賞受賞。

51py2mc0ghl

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

ファンの間で名作と名高い「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」は5つの賞などで評価されていました。
興行収入は14.5億円と控え目に見えますが、前後5年の公開作品中No.1である事を考えれば当時としては十分な成績だったと言えるでしょう。

2002年
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
興行収入 13億円
2002年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞
2002年度日本インターネット映画大賞・日本映画作品賞
2002年 第7回アニメーション神戸個人賞
第57回毎日映画コンクール・アニメーション映画賞
東京国際アニメフェア2003・劇場部門優秀作品賞
東京国際アニメフェア2003・個人賞部門監督賞
第22回藤本賞

51fpccfpkcl

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

受賞歴は「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」を上回る7つ!興行収入も前作に迫る勢いです。
「クレヨンしんちゃん」で「死」を扱った希少な作品で、その内容は当時のファンの間で賛否がありました。

2003年
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード
興行収入 13.5億円
平成15年度(第7回)文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の審査委員会推薦作品

2004年
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ
興行収入 12.8億円

2005年
クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃
興行収入 13億円

2006年
クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
興行収入 13.8億円

2007年
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!
興行収入 15.5億円

2008年
クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者
興行収入 12.3億円

2009年
クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国
興行収入 10億円

2010年
クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁
興行収入 12.5億円

2011年
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦
興行収入 12億円

2012年
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス
興行収入 9.8億円

2013年
クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!
興行収入 13.0億円

2014年
クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん
興行収入 18.3億円
第18回 文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞

61rulv10tll

映画 クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん

実に11年ぶりとなる受賞。それも文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞という栄誉を授かりました。
ロボとーちゃんのラストシーンは確かに忘れられないくらいに感動的でしたよね!

2015年
クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃
興行収入 22.8億円
今年度の映画なので何か賞を受賞するかはこれからのお楽しみですね。

まとめ

23作品中、何かの賞を受賞したのは4作品という結果になりました。
しかし、あくまでWikipedia調べなので隠された受賞歴があるのかもしれません。

また、「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」を基準にして興行収入を見てみると、上回っているのは5作品のみとなりました。
この数字も興味深いです。

皆さんの思い入れがある作品の興行収入と受賞歴はいかがでしたか?
数字はあくまで評価の一部であって作品の内容や感動というものとは全く次元の違う問題ですから、ちょっとした豆知識くらいに覚えておいて頂ければ充分かと思います。

これを機に、良かったらお好きなクレヨンしんちゃん劇場作品を御覧になってはいかがでしょう?きっと楽しいですよ。