目次

  1. 「恒道館道場篇」の基本データ
  2. 大まかなあらすじ
  3. 見どころ
  4. あえて「悪役」を演じる銀さん
  5. 土下座をした銀さん
  6. 可愛い新八と男前な新八
  7. 人間「尾美一」が最後の最後に姿を現した
  8. まとめ

「恒道館道場篇」の基本データ

漫画では第四百二-四百九訓に掲載され、コミックスでは第46巻に掲載されています。

アニメは第262-264話で放映、 DVDは銀魂’延長戦3-4巻に収録されています。

アニメ第三期の長編としては最後の作品になります。

大まかなあらすじ

2013030723081725f

父上の墓前で「そろそろお金も溜まったし、道場復興を本格的に再開しようと思うんです」と報告していたお妙さん。
そこへ思いがけない人物が訪ねてきます。

彼の名は尾美一!いや、本当は「おびはじめ」というらしい。
でもこの衣装はまんまアレじゃないですか?
そして本人からして「面倒くさかったら、オビワンと読んでつかぁさい」とぶっちゃけてますんで。「いや、そっちの方が面倒くさいことになるから」とは、銀さんのツッコミ。

新八は目をうるうるさせて「はじめにぃ!」と抱きつくし、お妙さんにとってはどうやら彼は初恋の人だったらしいし(ただし尾美一は気づいていない様子)、志村姉弟にとってオビワンはとても大切な存在だったようです。

でもって、彼はかつての塾頭。
ずば抜けて腕が立ち、剣道で宇宙留学する際、転送装置の爆発事故で消息が不明になっていました。
実は瀕死の状態から何とか回復し、宇宙で「ギャラクシーソードマスター」と言われるまでの剣豪に!

20130307231212b37

いや、これもまた殆どSWでしょうが。

道場再興にはこれ以上うってつけの人材はない!ということで、早速お妙、新八、オビワンと何故か銀さんと神楽も一緒に街角に出て、「ビームサーベ流」を江戸に広めようと宣伝をはじめます。

そこへやって来たのがこれまためんどくさい連中。
そう、オビワンというお妙のかつての初恋の男がやってきた!という噂を聞きつけ、近藤&九ちゃんの「お妙大好き」ストーカーコンビが「あの~入門したいんですけどぉ」と言って来たのです。

20130307231217f9a

しかし彼らの目的は入門じゃなくて、邪魔なオビワンを消すこと!
乱暴にもオビワンめがけて大砲用意!オオオイ!

20130307231218969

ところがオビワン、少しも慌てる事なく、弾をはねのけ(!)しかも指先から何やらビームを(!)放ちます。

大砲の弾が当たった橋は粉々に壊れたのに。

20130307231948e2e

実は彼は事故の際、瀕死の状態になり、改造手術で半身が機械仕掛けになっていたのです!

20130307231945e30

「こうして新しい生徒も集まったし(というか、近藤さんと九ちゃんだけですが)めでたいのぉ」と豪快に笑うオビワン。
この後お妙さんのダークマターを知らずに口に入れ、オビワンは機能がストップしてしまう(笑)のですが、源外じいさんにオビワンの体を調べてもらったところ、彼の体は人間としては既に死んでおり、彼を生かしているのは機械の部分であることを銀さんは知るのです。

そしてオビワンが地球にやってきたのには、お妙たちに会いに来たのとは別の、ある恐ろしい理由がありました・・・・

148

見どころ

あえて「悪役」を演じる銀さん

2013031420543065b

「これがアニキなんて殊勝なツラか」と新八に言い募る銀さん。
だれもはじめにぃの気持ちを分かってくれてない、と憤る新八に対して銀さんが取った冷たく見える態度は、あえて自分が悪者になることでオビワンも新八もお妙も救おうとした結果でした。

土下座をした銀さん

201303142106591f3

「尾美一は生きたまま捕まえるから、だから新八達を護ってくれ」

既に危険人物として指名手配されていたオビワン。
彼を新八達のもとに生きて帰してやりたい。銀さんはそのためにひとり真選組へ足を運び、土下座をしてそう請いました。

銀魂ストーリーの中で銀さんが土下座をしてまで誰かに何かを頼むシーンは、おそらくこれが初めてではなかったでしょうか。

つまりそれぐらい銀さんにとって、新八達はかけがえのない存在だったのです。

可愛い新八と男前な新八

20130314205432323

「いつかはじめにぃと銀さんのふたりの背中を一緒に流せればいいなって思ってた」という新八。
根っからの弟属性!
個人的にめっちゃ萌え〜なシーンで、新八どんだけ可愛いの!と思いました。

20130314211757a1c

だけど新八は銀さんの侍魂に惚れ込んで押し掛けたぐらい、強い気持ちの持ち主でもあります。

「どいつもこいつも アニキだ弟分だうるさいよ
僕も銀さんも願いさげだつってんだコノヤロー!」

いつのまにか銀さんの口癖までうつっています。

そしてこの台詞がとってもいい。

「兄貴なんて大層なものじゃなくていい。見習うなんて程遠いチャランポランでもいい。
銀さんは、僕らと一緒に道に迷ってくれるから。あんたが苦しみも悲しみも共にしてくれるなら、みんなが一緒にいてくれるなら。僕らは笑う。例えそれが、どんな困難な道でも。」

泣けます。

人間「尾美一」が最後の最後に姿を現した

191

新八との一騎打ち。
最後の最後にようやくオビワンは人間尾美一に戻る。

まとめ