目次

  1. レベル1 意外に難しい全裸プレイ
  2. レベル2 時間がひたすらかかる行動制限プレイ
  3. レベル3 そろそろ無理かも 使用キャラクター制限
  4. レベル4 誰もが思いつくがタイムが常識をしのぐタイムアタック
  5. レベル5 もはや達人の域 低レベルクリア
  6. まとめ

レベル1 意外に難しい全裸プレイ

防具や装備を一切せずにクリアする、名付けて「全裸プレイ」とはよく言ったものです。
強敵や中ボスに出会ったときのやりくりを如何にするかがこのプレイの鍵になります。
有名なものは『ロマンシングサガ3』や『ドラゴンクエスト』シリーズが多いようです。
この時点で相当難しいんですけどね。

レベル2 時間がひたすらかかる行動制限プレイ

装備や行動を制限し、かつプレイヤーキャラは一人で行動する「装備縛り」「術のみ」「一人旅」などがこれにあたります。ゲームの内容を知り尽くしていないと、まずできないプレイスタイルです。
これも『ロマンシングサガ3』で行われることが少なくありません。
ここまでは一般的にできないこともない範囲と思いたいですね。
私は一回はやってみましたが途中で挫折しました。

レベル3 そろそろ無理かも 使用キャラクター制限

RPGのみならず通常プレイでは選ばれがちな強キャラ、そういうのには一切縁がなく、あえて弱いキャラのみでゲームクリアを目指すプレイです。
『ドラゴンクエスト5』では「スライムのみ」や「マイナーキャラ」が有名ですね。
『FF5』では「青魔導士のみ」でのプレイ動画もありました。
このあたりから「やろうと思った方」が尊敬対象になります。

レベル4 誰もが思いつくがタイムが常識をしのぐタイムアタック

誰もが思いつきますが、それをRPGでしかも常識の時間をはるかに凌駕する時間で行うのが「リアルタイムアタック」です。
DQ3の世界記録は2時間50分…やり方は動画を見れば理解はできますが、それを可能にした労力を真似することはなかなか難しそうですね。

レベル5 もはや達人の域 低レベルクリア

此方も誰もが思いつくけど、本当にやる人は少ないであろう「低レベルクリア」です。
FF5というゲームがありますが、私の常識では「れんぞくま」とか「みだれうち」とか「まほうけん」とかが強いゲームだったと思いますが、低レベルクリアがすでに「確立」しているそうです。
因みに、最終レベルはバッツ:Lv2 レナ:Lv1 クルル(ガラフ):Lv1 ファリス:Lv4の世界だそうです。
この動画もその一つですが、もはや「すごい」という言葉以外出てきませんね。

まとめ

他にもたくさんプレイスタイルがあると思いますが、とりあえず常人でもできそうな秋の夜長にできそうなプレイスタイルを紹介してみました。ほとんど『ドラクエ』と『FF』と『ロマサガ』になってしまいましたが。
眠れない長い秋の夜、昔のゲームを紐解いて制限プレイもいいかもしれませんね。