目次

  1. 750万本も売れた大人気シリーズ『龍が如く』
  2. 企画段階では評価されなかったが、発売後には大人気シリーズに!
  3. ある”3つ”のコンセプトを守り続けている!
  4. コンセプトその1.自分から喧嘩を始める事は絶対にできない!
  5. その2.子どもの死や薬物も絶対に出ない!
  6. その3.勝った時の楽しさ・気持ちを重視している
  7. 3つのコンセプトを守り続け、世界観を守っている
  8. 『龍が如く』関連記事
  9. シリーズ作品
  10. 龍が如く関連

750万本も売れた大人気シリーズ『龍が如く』

2005年にセガから発売された作品『龍が如く』。
「ヤクザ」と「実在の繁華街」をゲームの中心にし、成人男性をターゲットとした作品です。
廉価版・続編・外伝含め、全世界累計出荷本数が750万本を突破しました。

D4134e44

企画段階では評価されなかったが、発売後には大人気シリーズに!

3回目のプレゼンでやっと通ったんですよ。発売前の調査で、2万本しか売れないと言われて社内では冷たい扱いを受けた時期もありました。

出典: WWW.VANTAN-GAME.COM

Ryu4img

繁華街やヤクザといったテーマはどうしても裏社会を連想させる為、社内では評価されなかったといいます。

ところが発売されたら大ヒット!
今では海外でも売れる、セガの大人気タイトルに登り詰めました。

Ryu5
Ryu ga gotoku zero2

ある”3つ”のコンセプトを守り続けている!

『龍が如く』のプロデューサーである名越稔洋氏は、第1作から頑なに守り続けている”3つのコンセプト”があります。
それを忠実に守り続けた結果、大人気のシリーズになったともいえます。

コンセプトその1.自分から喧嘩を始める事は絶対にできない!

『龍が如く』シリーズをプレイすれば気付く事ですが、このゲームでは自分から喧嘩を始めたり、いきなり人を殴るという事は絶対に出来ません。

たとえば『龍が如く』は、自分から人を殴ることは絶対にできない仕様になっているんですよ。 相手に絡まれないと、ケンカは始まらない。

出典: DIAMOND.JP

Kenka

戦闘時以外では街中を歩くだけで、殴る・蹴るといったコマンドはまったく入力出来ません。
相手から因縁をつけられて初めて喧嘩が始まります。

010

番外編『クロヒョウ ~龍が如く新章~』シリーズでも同じです。
主人公は喧嘩っ早い不良なのですが、自分から喧嘩を始める事は絶対に出来ません。

その2.子どもの死や薬物も絶対に出ない!

子どもが死ぬシーンと薬物が出てくるシーンも絶対に使わない。これは『龍が如く』というゲームの作品性を守るためには、譲れない部分です。いま、7作目の公開を控えていますが、シリーズを通して一度も許したことはないです。

出典: DIAMOND.JP

『1』から出ている遥や『3』で出てきた養護施設”アサガオ”の子供達はもちろん、本編やサブイベントでも絶対に子供が死ぬシーンはありません。

090116ryu10
1

薬物も全く出てきません。
裏社会でヤクザというと、薬物の存在は切っても切れない関係です。 古くからシノギ(ヤクザ社会でいう「お金稼ぎ」の意味)として薬物の売買が行われています。

しかし龍が如くに薬物は出ません。
登場キャラの中にはあくどいヤクザが敵としてたくさん出てきますが、どんなキャラでも薬物を売買するシーンは全く出てきません。

090815 230559 1280x720p 140957

こんなおっかない顔の組員すら、薬物売買には手を出しません。
(ちなみにこのキャラの声は芸人の宮迫博之さんが当てており、迫力のあるキャラとなっています)

その3.勝った時の楽しさ・気持ちを重視している