目次

  1. クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
  2. ディズニー映画『ムーラン』
  3. アンパンマン『勇気の花がひらくとき』
  4. ドラえもん『雲の王国』
  5. ウルトラマンメビウス『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』
  6. いかがでしたか

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

Yjimage

~引用~
臼井儀人原作のTVアニメの、2001年公開の劇場版第9作。


突如出現したテーマパーク「20世紀博」で、大人たちは現実の生活を投げ出し、童心にかえって楽しんでいた。

だがその裏には、絶望の21世紀を捨て、希望に満ち溢れていた20世紀を永遠に存続させようとする、秘密結社イエスタデイ・ワンスモアの計画があった。

このままずっと20世紀が続くかに思えたその時、未来を守り、21世紀を生きるため、しんのすけが立ち上がる。

ファーストカットは太陽の塔だわ、ひろしは半生を振り返るわ豆腐屋のラッパは夕暮れの商店街に鳴り響くわと、子ども向け作品なのに大人のための見どころ満載で、いい歳した映画ファンがこぞって号泣、映画秘宝誌にいたっては年間第1位にまで選んでしまった大傑作。

一緒に観てるパパママが泣く理由を知りたいちびっ子は、大人になったらもう一度観てみよう。
引用先:http://www.amazon.co.jp/映画-クレヨンしんちゃん-嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

TSUTAYA.TSITE.JP

ディズニー映画『ムーラン』

Yjimage

~引用~
‘‘ 映像が平たいのが昔の映画なのでしょうがないですが、歌がとても綺麗です!

主人公ムーランには心の強さをとてもかんじることができ、勇気付けられます。

少々おふざけが入りますが内容はいいので是非見ていただきたいです!"
引用先:http://movies.yahoo.co.jp/movie/ムーラン

EIGA.COM

アンパンマン『勇気の花がひらくとき』

Yjimage

~引用~
“”「本当の勇気」をテーマにした作品で、キララ姫の心の成長を描くと同時に、アンパンマンのヒーロー性が強調されている。

勇気の花がキーアイテムとなっており、「アンパンマンにはとても勇気があるが、それは勇気の花のジュースが顔の中に入っているから」という設定の元で物語は進行する。

この設定は2008年の『妖精リンリンのひみつ』でも使用されている。

ちなみにこの設定はTVシリーズの「アンパンマンとゆうきのはな」というエピソードで初めて描かれている。””
引用先:http://ja.wikipedia.org/wiki/それいけ!アンパンマン_勇気の花がひらくとき

アンパンマンのエネルギーの源の勇気の花のテーマ曲

ドラえもん『雲の王国』

Yjimage

~引用~
“”映画ドラえもんシリーズ第13作

環境問題を大きく取り扱っており、非常にメッセージ性の強い作品となっている。

また、本編からのゲストキャラクターが多いのも特徴であり、日頃の行いは大事というのも解る。””
引用先:http://dic.nicovideo.jp/a/ドラえもん のび太と雲の王国

WWW.GEOCITIES.CO.JP

ウルトラマンメビウス『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』

Yjimage

~引用~
“”昭和の歴代ウルトラマンや過去の人気怪獣・宇宙人(主に第2期ウルトラシリーズ)が登場するだけでなく、怪獣・宇宙人にまつわる事件を登場人物の口から語らせたり、過去の名ゼリフや語句・事件を引用することで旧作との繋がりを明示している。

40周年記念作品ということもあり、全体的にM78系ウルトラマンシリーズの集大成とも言える内容となっている(最後の敵などはその顕著な例)。

また、旧作懐古的な要素を盛り込みつつも、デザインの変わるパワーアップ描写(M78星雲のウルトラマンとしては初)、青いウルトラマンの登場、連続ドラマ性を持たせたストーリーなど、平成ウルトラマンシリーズの要素も含まれている。””
引用先:wiki/ウルトラマンメビウス

レオ、アストラ、ウルトラマン80が出ないのは、すっごく残念でしたが、
大人もウルトラマンへの思いを懐かしく、熱く語れると思います

いかがでしたか

Yjimage

親子で、癒されたり笑ったり、元気をもらってくださいね