目次

  1. あらすじ
  2. 主要人物
  3. ケロロ軍曹
  4. 日向冬樹
  5. 日向夏美
  6. なんやかんやで再集結したケロロ小隊
  7. これが侵略者の日常
  8. ギロロ伍長奮闘記
  9. 結局は・・・

あらすじ

ガマ星雲第58番惑星「ケロン星」から地球(ペコポン)の侵略のため、先遣隊が派遣された。
その隊長・ケロロ軍曹、突撃兵・タママ二等兵、機動歩兵・ギロロ伍長、
作戦通信参謀・クルル曹長、暗殺兵・ゼロロ兵長の5名の兵士からなる、
宇宙侵攻軍特殊先行工作部隊・ケロロ小隊が地球に降り立った。

しかし地球に降り立つ際に、隊員5名は散り散りになってしまう。
小隊長のケロロは一軒の民家に潜伏するが、
そこに住むペコポン(地球)人の日向夏美と弟の冬樹にあっさりと発見・捕獲される。
本隊はこの状況を危険と判断し、彼ら先発隊5名を残して緊急撤退。
地球に取り残されたケロロは、日向家の居候になるが・・・。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG(一部変更)

主要人物

ケロロ軍曹

5ef77daa84495e0125cf4d260d9b6b3a

日向家に居候しているケロン人のケロロ軍曹。
隊長なのでさぞ優秀だろうと思いきや、事あるごとに問題を起こすトラブルメーカーである。
また、地球侵略にやってきた宇宙人のくせに春には花見をする為必死に場所取りをし、
夏には海ではしゃぎ、秋には旬の食べ物を味わい、冬には雪合戦をしたりと
日本の四季を存分に満喫している。
小隊の仲間からも尊敬の眼差しより呆れ気味の目で見られることが多い。

日向冬樹

Ma d8dfaf631d

生粋のオカルト少年で、ケロロと2人きりで遊びに出かけたりと比較的友好的な関係を築いているがその純粋さゆえ陰で地球侵略を企んでいるケロロに裏切られることも多い。
性格は極めて温厚。しかし一旦キレると皆が恐れをなして青ざめるほど怖くなる。
散り散りになったケロロ小隊のメンバー探しに協力する。

日向夏美

Img 1

超人的な運動神経をもって地球侵略を企むケロロ小隊を毎回制裁している。
ケロロ達からは要注意危険人物とされ、地球最後の防衛線の役割を担う。
弟の冬樹とは対照的に、ケロロ達とはつかず離れずの距離を保っている。

なんやかんやで再集結したケロロ小隊

E0025035 12574253

恐ろしい侵略者たちがついに集結!地球に魔の手が差し掛かる・・・!!
かと思いきや、5人中3人のケロロ小隊メンバーが日向家に住み着くようになり、
終いには地下に地球侵略基地を作られる始末。
完全に宇宙人の根城となった日向家は、戦場と化すのでした。

これが侵略者の日常

Keroro

ガンプラに目がないケロロ。
時間を見つけてはガンプラ作りに熱中し、自室には宝物のコレクションが飾られています。

ガンプラつくるヒマがあるんなら地球侵略しようか?

Ker9

業を煮やした部下の手によってガンプラが破壊されようもんならこの表情。
ガンプラはケロロにとって、己の命も同然なのです。

19202

一応ケロン人としては大人なのですが、子供っぽい一面が多く感情が高ぶると周りが見えなくなるケロロ。
その奇行に周囲は唖然とし、視聴者は笑わざる負えなくなります。

ギロロ伍長奮闘記

F9d54eff