目次

  1. ホリコマンダー
  2. ガンコン
  3. ハイパーショット
  4. アルカノイド専用コントローラー
  5. ジョイスティック
  6. パワーグローブ
  7. まとめ

ホリコマンダー

Pad horicommander

今でもコントローラーを販売し続けているHORIが作ったホリコマンダー。いわゆる連射コンというものです。ゲーム機が初ばししたらまずとりあえず連射コンは発売されますね。おなじみです。

ガンコン

Gun n

こちらもなんだかんだで息の長いガンコントローラーことガンコン。
ファミコンでも発売されていて、ダックハントなどのゲームプレイが出来ました。見た目がかっこいいのも、子供にも大人にも好感触。

ハイパーショット

Hypershot thumb

ハイパーオリンピックなど、ハイパーシリーズのゲーム専用コントローラー。
ハイパーシリーズはいわゆる連打ゲーなので、それがやりやすい形のコントローラーというものに加え、2P対戦にも対応するため、一つの端子で二つのコントローラーが繋がっているお得な仕様。

アルカノイド専用コントローラー

Pad arkanoid2

アルカノイドのアーケード筐体についている、あのツマミを再現したもの。これで、ファミコン版でもあのアーケードのものと同じような感触でプレイできます。専用コントローラーの中ではシンプル、かつ有能なものです。元のゲームデザインがいいのもあるでしょう。

ジョイスティック

Stick hudson joystick

十字キーではなくスティックと、こちらも元を正せばアーケードからの発想。普通のコントローラーと違って地面に置いて安定するので、繊細な操作が必要なシューティングなどでも活躍できるでしょう。
また、高橋名人が使っていたことでも有名。スティックの形がいわゆるボール型ではないのも、デザイン○。

パワーグローブ

Fc20power20glove01

最後に紹介するのがこのパワーグローブ。ファミコンのコントローラー一番の異色作、そして屈指のクソコントローラー。
テレビモニターにセンサーを置き、その感知によってコントローラーを操作するという、今で言えばWiiのご先祖様のような存在。
しかし、操作性は劣悪。まず、腕を右に動かしても右に動くとは限りません。なぜなら感度がものすごく悪い。かなり厳密に動かさないと右だと判定してくれないようです。
また、ボタンを押すには指を動かすのですが、それもなにがなにやら難しい。その極みは、腕に普通のコントローラーがついていること。……こっちで操作したらいいんじゃないですかね。

まとめ

いろんなコントローラーが存在し、中には問題児もおりましたが、どれもファミコンの歴史には欠かせない存在。
今回はファミコンでしたが、続くハードにもいろんなコントローラーが出ています。機会があれば、別ハードのコントローラーもまとめてみたいと思います。
ありがとうございました。