目次

  1. 『下読み男子と投稿女子』とは?
  2. さわやかで甘酸っぱく優しい、王道青春ストーリー
  3. ライトノベルを書いている方にもおすすめ
  4. いかがでしたか?

『下読み男子と投稿女子』とは?

61pxibpgcul. sx352 bo1 204 203 200

『下読み男子と投稿女子』は、ファミ通文庫から出版されているライトノベル作品です。
著者は“文学少女”シリーズで有名な野村美月。軽やかで読みやすい文体と、キャラクター同士のコントのようなやりとり、そして繊細で残酷な心理描写をその作品の特徴としています。
『下読み男子と投稿女子』は、ひょんなことからライトノベル新人賞の下読みのバイトをしている主人公と、その新人賞に応募している投稿者の女の子が織りなす、甘酸っぱい青春物語です。ヒロインのライトノベルの執筆を主人公が手伝うことになることから、物語が始まります。

さわやかで甘酸っぱく優しい、王道青春ストーリー

Tsu763 aozoratokumo thumb 815xauto 18360

わかりやすく個性のあるキャラクターや定番イベントなど、ライトノベルらしさもありますが、全体的にはジュブナイル小説のような色の強い作品であると思います。
最初から最後まで、とにかく爽やかな青春ストーリーが繰り広げられます。高嶺の花のような扱いを受けているヒロインの弱い部分であったり、主人公とヒロインの関わり合いであったり、心の機微だったり……がシンプルな文体で丁寧に綴られており、読後感はとても良いです。
優しくてピュアでほんのり苦い、そんな物語を読みたい方におすすめしたい一冊です。

ライトノベルを書いている方にもおすすめ

Pak85 pentonote20140313000808 thumb 815xauto 17760

主人公がライトノベル新人賞の下読みのアルバイトをしているという設定があるため、そのあたりのことにも言及されています。
新人賞の内情などはフィクションだと思いますが、それでも普段自分でもライトノベルを書いていたりして新人賞への投稿が身近なものとして感じられる方にとっては、「なるほど、そうなのか」と興味深く読めるのではないかと思います。
投稿作品に対する主人公の眼差しが優しいので、「自分の投稿作品がこんな人に読んでもらえたら嬉しいだろうな」と思ってしまいますね。

いかがでしたか?

派手さはありませんが、とても丁寧に描かれた素敵な作品です。
少しでも興味を持たれた方は、ぜひ一度読んでみてくださいね。