目次

  1. Jamie Cullumという人物
  2. 親日家として一面
  3. 楽曲について
  4. 最後に

Jamie Cullumという人物

9065 main

イギリス・エセックス出身のジャズ・シンガー、マルチ・プレイヤー。
レディング大学(University of Reading)で英文学を学び、首席で卒業する。その後、レコード会社と契約を結び、デビューした。
2010年4月より、ジェイミー・カラムがプレゼンターを務めるラジオ番組がBBC ラジオ2で放送されている。2014年4月より、日本でもInterFMにて『Jamie Cullum's Jazz Riot』のタイトルで放送開始。2015年3月に日本での放送は終了。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

親日家として一面

これまでに何度も来日し、ライブを行ってきたジェイミー・カラム。
彼はライブをし続け存在を光らせてきた人物である。
ジャズ、ポップの両面からアプローチをする彼のライブは日本でも人気がある。

2004年
1月28日 東京 Blue Jay Way
8月1日 フジロック・フェスティバル
2006年
2月22日 ZIP-FMサロンライブ
2月25日 渋谷Apple Storeサロンライブ
6月9日 名古屋CLUB QUATTRO
6月10日 大阪心斎橋CLUB QUATTRO
6月12日 東京渋谷CLUB QUATTRO
6月13日 東京渋谷CLUB QUATTRO
12月4日 広島CLUB QUATTRO
12月5日 大阪厚生年金会館芸術ホール
12月6日 東京SHIBUYA-AX
12月7日 東京SHIBUYA-AX
2008年
10月31日 東京 恵比寿ザ・ガーデンホール
11月1日 東京 恵比寿ザ・ガーデンホール
2010年 
2月11日 東京 表参道ヒルズ・スペースオー(J-WAVE バレンタインマーケット ドコモ ラブ カフェ)
4月5日 大阪なんばHatch
4月7日 東京JCBホール
4月8日 東京Zepp Tokyo
7月31日 フジロック・フェスティバル
2014年
1月29日 東京 渋谷 ORCHARD HALL
1月30日 東京 渋谷 ORCHARD HALL
1月31日 大阪なんばHatch
2月2日 名古屋 ダイアモンドホール
2月3日 広島CLUB QUATTRO
2月4日 福岡 DRUM LOGOS

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

楽曲について

彼はジャズとポップの良いところ引き出し曲を作っている。
主にピアノを弾いている印象の強い彼だが、ピアノの技術も高い。
少ししゃがれた声で歌い上げる曲はブリティッシュな空気を出しつつも、新たなサウンドも感じることができる。

Beatlesが使用していたことで有名なあのアビーロードで行われたライブ。

ロックのテイストも混ざり、メロディアスに歌い上げるところに彼のセンスを感じることができる。

ピアノから始まるイントロが印象的。
サビではUKサウンドを特に感じられる。

ジャジーな一曲。とても心地の良いリズムである。

徐々に上がってくる曲のテンションが気持ちが良い。
これはライブでも会場が盛り上がる一曲。

最後に

ジェイミー・カラムは彼のキャリアとは裏腹にまだまだ日本では知名度が低い。
ただ、CMや映画など何気ないところで耳にしたことがあるだろう。
彼の魅力はやはりピアノと歌声だ。
アルバムを最初から最後まで聞いていても飽きることはないのではないだろうか。
伝統的なUKサウンドとジャジーな雰囲気をを感じたい人にはおすすめである。