目次

  1. 「アルドノア・ゼロ」の世界
  2. 冷静沈着、有能すぎる高校生
  3. 裏切りを重ね、戦いの中で歪んでいく少年
  4. 平和のために尽力する健気な少女
  5. みどころ
  6. キャラクターピックアップ
  7. アクション
  8. まとめ

「アルドノア・ゼロ」の世界

古代文明のテクノロジー「アルドノア」を基に火星で国を興したヴァース帝国と地球は、かつて資源をめぐり争っていたが
月が砕けた「ヘブンズ・フォール事件」をきっかけに10年以上休戦状態が続いていた。

時は2014年。その間にも両者による和平交渉は進められていき、その一環としてヴァース帝国の皇女「アセイラム姫」は親善大使として地球に迎え入れられる。
そして彼女を敬愛するのは、地球人でありながらヴァース帝国に身を置く「スレイン=トロイヤード」という少年であった。

アセイラムの歓迎パレードが行われる日、日本の新芦原(しんあわら)市に暮らす一介の高校生、界塚伊奈帆は、いつも通り級友と合流して学校へ向かっていた。放課後、伊奈帆は級友と共に新芦原市で行われるアセイラムのパレードの手伝いをさせられる。だが、そのパレードはテロリストによる襲撃を受け、彼女は生死不明となる。火星側はこれを地球による宣戦布告と判断して休戦協定を破棄し、地球の衛星軌道上に駐屯していた火星騎士の軍勢が地球へと降下、世界各国に攻撃を開始する。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

冷静沈着、有能すぎる高校生

【呼称:伊奈帆 / 界塚 伊奈帆(かいづか いなほ)】

1406550961 127357346

本作の地球側の主人公。
ヘブンズ・フォールによる天変地異で両親を亡くしてからは姉のユキに育てられ、姉と二人暮らしをしている。
理知的で滅多なことでは取り乱さない冷静沈着な性格だが、律儀で身内に対する情は深い。
学力・軍事教練共に主席を修め、僅かな情報から敵機の特性・弱点を見抜くほどの高い作戦立案能力とカタフラクト操縦技量を有し、次々と火星騎士達を撃破していく。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

裏切りを重ね、戦いの中で歪んでいく少年

【呼称:スレイン / スレイン=トロイヤード】

7c0f2713

本作の火星側の主人公。火星に住む地球人の少年。
物語開始の5年前に火星へ移住するが、道中で事故に遭遇し、瀕死の状態だったところをアセイラムに救われたという過去を持つ。暫くはヴァース帝国の宮殿に滞在していたが、その後は宮殿を離れ、使用人として火星人に仕えている。しかし待遇が悪く、アセイラム以外の火星人から酷く蔑まれており、肩身の狭い暮らしを強いられている。命の恩人であり差別せずに接してくれるアセイラムには恩義と共に忠誠を誓っている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

平和のために尽力する健気な少女

【呼称:アセイラム姫 / アセイラム=ヴァース=アリューシア】

Aldno506

本作の3人目の主人公で、地球側と火星側の中心に位置する人物。
ヴァース帝国の第一皇女で、皇帝レイレガリアの孫娘。皇帝のレイレガリア以外で唯一全てのアルドノアを起動・停止できる。
火星では珍しく地球人に対して偏見を持っていない人物で、地球の出身であるスレインとも幼い頃から仲がいい。
穏やかな性格だが皇女としてのマナーや護身術の教育を受けている。
火星と地球は友好を結ぶべきという理想を持つが、国家を代表する身分としての自覚が薄い面もある。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

以上の3人が本作の主人公である。
物語を通して彼らは様々な決断を迫られ、選択しながら、自らの信念や守りたいものの為に戦っていく。

みどころ

キャラクターピックアップ

E62dbed2

右はアセイラムの地球での姿。
実は襲撃を受けたパレードに参加していたアセイラムは影武者で、本人は侍女のエデルリッゾ(画像左)と共にその後地球人に変装して避難しており、あてもなく避難場所を探していた彼女達と出会ったのが伊奈帆だった。
結果的にアセイラムは正体を隠しながら火星と対立する地球連合軍に身を置くことになる。

2dcc6fe5

敵の攻撃を受け機体が逆さになっても表情一つ変えない伊奈帆!!
その精神の図太さはほんとに高校生なのかと疑いたくなるほどである。

表立って感情を顕わにする事は無いが、アセイラムのことは何かと気にかけている様子でたまにフラグを立てている。


Cec93492