目次

  1. 序盤
  2. 中盤
  3. 終盤
  4. 最終回

序盤

伝説の始まり、六画面実況プレイ動画の開始です。
ルビー、サファイア、エメラルド、リーフグリーン、ファイアレッド、ファイアレッドの六つを同時にプレイするわけです。当然操作は簡単ではありません。どれかひとつに集中している間にどこかはずっと壁に向かって歩いていたり、戦闘中にどれかの技を使おうとすれば、別の画面では変な技を選んでしまっていたり、技を消してしまったり……
序盤は操作がうまく行かずにあたふたしているのを見ているだけで楽しいです。

中盤

やはり六画面操作は厳しいのか、誤操作によって仲間の一人が旅立ってしまいました。そしてそれにずっと気づかないのがうんこちゃんクオリティ。
さらに悲劇は続き、やはり六画面操作が負担なのか、それとも意図せぬ操作によってか、謎のリセットが起こってしまいます。これによって仲間になったはずのポケモンが一人消えてしまうことに……。
中盤は操作に慣れてきたのに、それによる進歩を阻害するかのようにイベントが起こりまくります。怒涛の展開、そして負け続けるジム戦など見どころはたくさんです。

終盤

終盤の見どころといえば、やはりまずは対ナギ戦。何度も何度も何度も何度も負けが込み、一種の詰みになってしまっている状況。相手がひこうタイプ、一方で主力がくさタイプではさもありなんではあります。
ナギの主力、チルタリスを倒すためにライボルトを捕まえて投入するも惨敗。……しかし、諦めない心が勝利を産みます。詳しくは動画を御覧ください。
その後は苦戦しつつもジム戦、伝説戦を乗り越え、ついにチャンピオンロードを突破。そして……

最終回

そして最終回。最終回動画は外部からは見られないようなので、一つ手前から御覧ください。
四天王戦に臨んだうんこちゃんですが、やはり苦戦の連続。レベル上げも満足にしてないので当然なのですが……。
Part50で終わると公言していたうんこちゃん。Part49で果たして何が起こるのか……。
結論を言えば、六画面ポケモンは完結していません。果たしてどういった経緯で打ち切りとなったのかは、自分の目で。

以上、六ポケのダイジェストでした。興味をもった方はぜひ一度御覧ください。