目次

  1. 花の子ルンルン
  2. 海のトリトン
  3. ウルトラマンタロウ
  4. キャンディキャンディ
  5. マジンガーZ
  6. コンバトラーV
  7. トリは「サザエさんエンディング」
  8. いかがでしたか

花の子ルンルン

Image

~引用~
“”ルンルンたちが出会った人物にルンルンの憧れの青年セルジュが花の種や苗をを与え、ナレーションがその花の花言葉を説明するラストシーンが作品に華を添えた。

「ルンルン気分」という言葉が使われるようになったのはこの作品の後から。””

引用先:http://www.toei-anim.co.jp/lineup/tv/runrun/

WWW.KASI-TIME.COM

海のトリトン

Yjimage

~引用~
“”5000年前に平和に暮らしていたアトランティス大陸を、ポセイドン族によって滅ぼされたトリトン族、

その末裔であるトリトンは海で支配するポセイドン族を倒すため海を舞台に大冒険を繰り広げます。””

引用先:http://tezukaosamu.net/jp/anime/40.html

ウルトラマンタロウ

Image

~引用~
“”阿久悠作詞、川口真作曲、そりゃぁ名曲中の名曲になりますよ。
ちなみに、「ウルトラ検定」で、「ウルトラマンタロウの主題歌(一番)の中に、『タロウ』というフレーズは何回出てくるか」
という問題がありました。正解は冒頭の「タロウ!」も含めて8回。””
引用先:https://www.youtube.com/watch?v=efubnBRA9-A

WWW.KASI-TIME.COM

キャンディキャンディ

Image

~引用~
“”突っ込みどころはたくさんありますが、
それでも50巻以上も連載してるのに、いまだに終了が見えない漫画が目白押しの昨今、

4年間の連載・単行本にしてたった9巻で
一人の少女とそれに纏わる人々の成長・変化に加え、
戦争や女性の社会進出といった時代背景まで描ききった
すばらしい作品である事には間違いありません。””
引用先:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/1102/551687.htm

その後、この作品を巡る後味の悪いトラブルもありました

DIC.NICOVIDEO.JP

マジンガーZ

Image

~引用~
“”巨大な人型ロボットに主人公が乗り込み操縦するという、「巨大ロボットアニメ」と呼ばれる分野に分類される初めての作品である。

TV放映は2年近い長期放映となり、続編の『グレートマジンガー』『UFOロボ グレンダイザー』と合わせると4年を越える長期シリーズ””
引用先:Wiki/マジンガーZ

コンバトラーV

Yjimage

~引用~
“”悪のキャンベル星人から地球の平和を守るため、五人の少年少女が戦うロボットアニメ。

主役機のコン・バトラーVは五機合体の超電磁エネルギーで動くスーパーロボットである。

武器や技がやたらと多い。代表的なものには超電磁ヨーヨー、ビッグブラスト、超電磁スピン、グランダッシャーなど。””
引用先:dic.nicovideo.jp/a/超電磁ロボ%20コン・バトラーv

トリは「サザエさんエンディング」

Image

言わずと知れた国民アニメ。

「サザエさん症候群」の象徴のエンディングです。

いかがでしたか

Yjimage

今回は、「作品名連呼系」をお送りしました。
童心にかえって、熱唱してくださいね