目次

  1. 最後の一撃は、切ない
  2. どうあがいても絶望
  3. エンディングまで泣くんじゃない
  4. もう、勇者しない
  5. 俺より強いやつに会いに行く
  6. その強さがあれば、すべてを守れると思った・・・
  7. 常識が危ない
  8. 東京が死んで僕が生まれた
  9. お父さん、お母さん、就職は決まってないけど、働く喜びが分かりました。

最後の一撃は、切ない

120524soc thumb 640x430 47033

当時は大々的にテレビCMを流していた「ワンダと巨像」。
世界観も切なさを、感じさせる作品でした。

どうあがいても絶望

出典-ニコニコ動画
【SIREN】放送禁止になったほど怖いCM(2本)とトレイラー

2003年に発売された和風ホラーゲーム「SIREN」。
パズル的要素が強くごり押しでは攻略できないため、キャッチコピー通り絶望を感じた人も多いのではないでしょうか?

エンディングまで泣くんじゃない

E58152f5

コピーライターの糸井重里氏がディレクターを務めた「mother」。
ただ、このコピーを考えたのは同じくコピーライターの一倉宏氏だったそうです。

もう、勇者しない

出典-YouTube
moon CM

1997年にアスキーから発売(開発はラブデリック)された「moon」。
従来のRPGへのアンチテーゼとした世界観と、ちょっと不思議な世界観にのめり込むファンが続出しました。

俺より強いやつに会いに行く

Th

1991年にアーケードゲームとして登場し、格ゲーブームの引き金となった「ストリートファイターⅡ」。
メインキャラクターであるリュウは、かれこれ四半世紀以上強い人探しをしています。

その強さがあれば、すべてを守れると思った・・・

Th

中国語四大奇書「水滸伝」をモチーフにし、総勢108人の仲間が登場する「幻想水滸伝Ⅱ」。
キャッチコピーのセリフは、主人公の親友ジョウイの言葉でした。

常識が危ない

Th

ビートたけしが監修したFCソフト「たけしの挑戦状」。
その難易度もさることながら、1時間待機やカラオケなどといったゲーム史上類を見ない攻略法の数々で、ゲーマーの常識を粉々に打ち砕いた作品でした。

東京が死んで僕が生まれた

出典-YouTube
Shin Megami Tensei Ⅲ Nocturne TV CM Commercial Movie

根強いファンを持つアトラスの人気RPG「真・女神転生」の三作目のナンバリングタイトル。
2003年に発売後、2004年には追加要素を収録した「マニアクス」が発売され、一時、新品が5万円近くにまで高騰する人気ぶりを博しました。