目次

  1. サイレン
  2. バイオハザード
  3. クロックタワー
  4. 最後に

サイレン

SIRENは昭和78年(作中では「昭和」の年号が続いている設定である)の日本を舞台に、土着的・民俗的なモチーフを題材とした3Dアクションホラーゲームである(パッケージには「ジャパンダークサイドモダンホラー」と明記されている)。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

Img 3

画像はPS3版

雰囲気はバイオハザードの日本版といったところでしょうか。
PS2版をプレイしたときはかなりの高難易度に辟易しました。
所謂昔懐かし死に覚えゲーのようでした。

上手い人はそれはもうヌルヌルと進むので見ていてとても気持ちがいいです。

バイオハザード

プレイヤーは、このS.T.A.R.S.アルファチームのクリス・レッドフィールドやレベッカ・チェンバース、もしくはジル・バレンタインを操作してゾンビをはじめとした様々な敵に対処しながら、アイテムを駆使して洋館から脱出することを目的としている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

20140913063633
Doyazonbi

画像上がバイオハザードHDリマスター版(PS3)
下が初代バイオハザード(PS)
こうして比較しますと相当画質が向上してますね。
技術の進歩パネェ。
バイオハザードといえばこちらのゲームシステムを支持する人も多いことでしょう。

個人的にバイオハザード最強の恐怖の瞬間は初見ケルベロス登場シーンです。
口から心臓が飛び出るかと・・・

クロックタワー

北欧の山間にひっそりとたたずむ屋敷があった。主人の名はバロウズ。屋敷には高くそびえる時計塔があり、土地の人々はその鐘の音を合図に放牧を行ったものである。いつしか土地の人々はこう呼び習わしていた。CLOCK TOWER ―時計塔屋敷―と。しかし、ある日時計塔の鐘の音は途絶えてしまう。まるで時を無くしてしまったかのように。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

8tnu0100000lk0ai

画像はSFC版

お馴染み(?)シザーマンが出てくるやつです。
チョキンチョキン(シャキンシャキン)という音が聞こえてくるとアタフタしていました。
・・・で、いきなりとびだしてきてそれにビビリまくったのも良い思い出です。

ケルベロスの時ほどではないですが。

最後に

いかがでしたか?
ホラーゲームはアドベンチャー(謎解き)メインやサウンドノベルが多いイメージですが、そんなことはありません。
それらのようなじわじわくる恐怖ではなくビックリ系が多いですが、ホラー好き、アクションゲーム好きなら楽しめること間違い無しです。

今回紹介した作品はやや難易度が高い傾向にありますが、操作などに慣れてくるとそれはもうヌルヌルと動きます。
未プレイの作品があれば是非プレイしてみてください。

%e3%83%9b%e3%83%a9%e3%82%b2%e3%83%bc%ef%bc%91

バイオハザードHDリマスター