目次

  1. ジャイロゼッターとは
  2. 登場車種
  3. アクセラ セダン
  4. アルト ムーヴ
  5. 光岡 オロチ
  6. しかし……

ジャイロゼッターとは

C s1322767401 10

超速変形ジャイロゼッターは、ゲーセンなどで遊べるアーケードゲームです。仮想の車内を模した専用筐体を用いて、前半は車を操作のドライブモード、後半は変形してロボットを操作するバトルモードとなります。
一プレイは100円と、カードが一枚と標準的なデータカードダス形式。筐体はかなり大きく、ドライブモードではほとんど実寸のハンドルを握って車を操作するため、リアルに車を操縦している感覚を味わえます。

登場車種

ジャイロゼッターの大きな魅力は、実際に存在する車がロボットになっていること。
オリジナルの車も多数存在し、そちらもかっこいいのですが、今回はせっかくですのでコラボ車種を紹介したいと思います。

アクセラ セダン

Img60631171
Machine 15 b

このように、実在の車がロボットへ変形するのが魅力。だいたいのロボが、そのパーツや意匠を変形後にも残しています。

アルト ムーヴ

Machine suzuki01 b
Machine daihatsu02 b

ロボのデザインは様々で、典型的なヒーローロボや、アクセラのような異形のタイプ、これらのような女性型のかわいらしいタイプを数々取り揃えています。
ただ、基本的には、元デザインを踏襲はするものの、完全変形を考えられているデザインではないようです。なにせ、超速変形というのは筐体が変形することを言うので、ゲーム中でも変形シーンはなく、一瞬で変身するように変わってしまいます。

光岡 オロチ

Machine 81 b

個人的に大好きなのがこちら。ミツオカのオロチという車種です。
名前が示す通りに蛇がモチーフで、見ようによってはヒーローにも悪役にもなれるデザインは秀逸。本家本元の車のデザインも洗練されているので、ロボット映えする車だったということですね。

しかし……

そんな画期的なゲームだったジャイロゼッターですが、なんと現在では稼働停止。筐体も回収されてバラされているという絶望的な状況。
高画質・高品質のグラフィックやドライブの爽快感など、決して面白く無いということはなかったのですが、筐体の大きさから来るコストと、対象が子供向けというのに、一般乗用車というあまり惹かれないないものを選んでしまった(一応、車の普及を狙った企画ではあったのですが)という理由からか、採算が取れなかったようですね。
今後動きがあることは恐らくないでしょう。悲劇的な終幕でした。