目次

  1. 三島由紀夫のプロフィール
  2. 概要&見どころについて
  3. 同性愛志向とボディービルダー
  4. 絶世の美少年・美輪明宏との関係
  5. まとめ

三島由紀夫のプロフィール

4b81f8aeec09d

(1925-1970)東京生れ。本名、平岡公威(きみたけ)。1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。1949年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。

出典: WWW.SHINCHOSHA.CO.JP

主な著書に、1954年『潮騒』(新潮社文学賞)、1956年『金閣寺』(読売文学賞)、1965年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。1970年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される。

出典: WWW.SHINCHOSHA.CO.JP

概要&見どころについて

【目次】
超早わかり!三島作品ナビ
10分で読む「要約」三島由紀夫
声に出して読みたい三島由紀夫
熱烈ファンによる「思い入れ」エッセイ(小池真理子さん&花村萬月さんによる)
評伝 三島由紀夫
風景で読む三島

出典: WEBCATPLUS.NII.AC.JP

368e31ad s

若い漁夫と娘の美しくて爽やかな恋模様を描く『潮騒』、上流階級間の禁忌に触れた男女の恋を描く『春の雪』、金閣寺の美しさに魅せられた青年"独占欲からそれに放火する"と言う独特の美意識で知られる名作『金閣寺』、クセの強い性嗜好と社会性の間で揺れる一人の男の独白を描く『仮面の告白』… これら名作を、内容&本文の魅力が伝わるように抜粋されています。

同性愛志向とボディービルダー

Cpgnpnizy8ccrjk orlie 331

この本は三島由紀夫の趣味嗜好や、それに至る精神的な背景について重点的に語られています。

上流階級生まれで物質、愛情ともに何不自由なく育った三島由紀夫。けれども祖母の過剰な愛によって"守られてきた"彼は、小学校という社会に出てから自身の虚弱さや女々しさにコンプレックスを抱きます。そうして生まれたのがマッチョな男性への憧憬や同性愛志向へつながり、後のボディービルダーとしての側面を生みだしたそうです。

絶世の美少年・美輪明宏との関係

20130818 sakanakun 11

若かりし頃の美輪明宏さん

相手が三島でも愛想を振りまかない美輪様に対し「かわいくない奴だな」と三島が言うと、美輪様は「かわいくなくていいんです。あたしは綺麗ですから」と言い放ち、それがきっかけで気に入られ仲良くなった話。「君は素晴らしいが95%の長所を消す5%の欠点がある。それはオレに惚れないことだ」と、三島に真顔で言われた

出典: WWW.SANKEIBIZ.JP

頂点極めてる人間にだけ許されるセリフですね><

まとめ

こんな感じで三島由紀夫の作品、ひととなり、生育環境、そしてファンからの愛あふれるエッセイなど、初心者から読んでも楽しい情報がギュッと詰め込まれた1冊となっています。三島ワールドへの第一歩として、お手に取ってみてはいかがですか…?

WWW.AMAZON.CO.JP