目次

  1. 第五話『うまると夏休み』
  2. 「わからないけど、協力なんですわ」
  3. 「買うなよ!絶対買うなよ!」
  4. 「いや普通」
  5. 第五話まとめ

第五話『うまると夏休み』

いよいようまるちゃんたちの学校も夏休みに突入という回です。これは水着になるシーンがあるのではと期待する回ですね。それでは第五話のまとめです。

「わからないけど、協力なんですわ」

Umar4

夏休みになったのでうまるちゃんは朝からゲームセンターでコインゲームを楽しみます。その時にシルフィンがうまるちゃんをUMRと認識して話しかけます。前回のゲーム大会の決着が付いていないと言うことで色んなゲームで競います。その後でシルフィンがUMRを好敵手と認めて仲良くなり、うまるちゃんを倒すために協力してほしいと頼むのです。
また若干ややこしい人間関係が出来ましたね。シルフィンにはUMR=うまるちゃんということは隠します。しかしその結果シルフィンとはここから仲良くなっていきます。その展開が今後楽しみですね。

「買うなよ!絶対買うなよ!」

Umaru7

お兄ちゃんに外行き用の服を買ってきた方が良いと言われて、海老名ちゃんときりえちゃんと買い物に行きます。そこでワンピースを買おうとした時に、新しいゲームが発売されていることに気付きます。お兄ちゃんからは服以外買うなよと念を押されていますが、左下の主張が強かったからか服を格安な物にしてゲームを買ってしまいます。
アイキャッチとして格安な服を着たうまるちゃん(外用)の姿が見られますが、普通にかわいいです。やっぱスタイルが良い人は何着ても良い服に見えるんですよ。羨ましい。

「いや普通」

%e3%81%86%e3%81%be%e3%82%8b%ef%bc%91

第五話で初めてお兄ちゃんの仕事中の話が出てきました。上のシーンは昼食中に仕事仲間の(高校からの仲良しの)ボンバに妹はかわいいのかと聞かれた時にお兄ちゃんが普通と答えて、それに対して妹の姿を想像したところです。左は前にも出てきたアレックス君の想像した妹像です。
こんな家庭的で地味なうまるちゃんもちょっと見てみたい気もしますね。(笑)

第五話まとめ

シルフィンやきりえちゃんとの絡みもあったり、お風呂のシーンもあったり、海老名ちゃんときりえちゃんと買い物に行って水着やらコスプレやしたり、お兄ちゃんの仕事場の仲間が出てきたりと中々凝縮された回でしたね。しかし夏休みが一話で終わるとは思わなかった。
一番面白かったのはやはりゲームを買う時の葛藤のシーンですね。もはや定番の鉄板ネタですよね。
細かい部分でネタを仕込んでくるので、毎回それらを探すのも楽しいです。果たして次回はどんなネタを仕込んでくるのでしょうか?