目次

  1. DER ZIBET 「凍えた太陽」
  2. BUCK-TICK 「ROMANCE」
  3. BUCK-TICK 「Alice in Wonder Underground」
  4. SCHAFT 「The Hero Inside」
  5. SCHWEIN 「You're My Disease」
  6. hide 「BACTERIA」
  7. LUNA SEA 「ROSIER」
  8. L'Arc~en~Ciel 「White Feathers」
  9. MALICE MIZER 「ヴェル・エール~空白の瞬間の中で~」
  10. PIERROT 「MAD SKY-鋼鉄の救世主-」
  11. LAREINE 「薔薇は美しく散る」
  12. Raphael  「花咲く命ある限り」
  13. D'ERLANGER 「Angelic Poetry」

DER ZIBET 「凍えた太陽」

DER ZIBET(デルジベット)は、日本のロックバンド。1984年結成、1985年にメジャーデビューを果たす。1996年に無期限の活動休止を発表し、長らく沈黙していたが2007年より活動を再開した。
退廃的な詩の世界観や、ジャンルに捕らわれない多彩な音楽性に彩られた、独自の美学を持ったバンドであり、後のビジュアル系と呼ばれるバンドにも大きな影響を与えた。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

ヴォーカルは、BUCK-TICKの櫻井敦司もファンだと公言するISSAY氏。
土屋昌巳の新バンドKA.F.KAでもヴォーカルを務められています。

そしてこちらがKA.F.KA。
まずメンバーが豪華。
Issay : Vocal (DER ZIBET)
土屋昌巳 : Guitar、Vocal
ウエノコウジ -:Bass (the HIATUS、ex.THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)
宮上元克 : Drums (ex.THE MAD CAPSULE MARKETS)
森岡賢 : Keybourd (minus(-)、ex.SOFT BALLET)
と錚々たるメンバー。
こちらは演奏がメインのPVですが、ゴシックな雰囲気とブリティッシュな雰囲気が感じられます。

BUCK-TICK 「ROMANCE」

作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿
ゴシックと一言では表現できない、BUCK-TICKならではの世界観があります。
ダークで退廃的な映像に真紅の色合いが映えます。
櫻井氏がもはや人間とは思えません。

BUCK-TICK 「Alice in Wonder Underground」

作詞、作曲:今井寿
ポップでキャッチーな曲なのですが、映像のメルヘンホラーな世界ととてもマッチしています。
今井氏らしい、独特な詞も歌声もとてもクセになります。
黒うさぎに変身するメンバーにも注目。

SCHAFT 「The Hero Inside」

作詞:今井寿、レイモンド・ワッツ 作曲:今井寿、レイモンド・ワッツ
BUCK-TICKの今井寿とex.SOFT BALLETの藤井麻輝によって1991年に結成されたユニット。
インダストリアルも当時ではまだ目新しい印象です。
後にレイモンド・ワッツもヴォーカルで参加しています。

SCHWEIN 「You're My Disease」

作詞: Sascha Konietzko / Atsushi Sakurai / Lucia Cifarelli 作曲:Sascha Konietzko / Lucia Cifarelli
SCHAFTの藤井麻輝は参加していないが、今井寿とレイモンド・ワッツに櫻井敦司にKMFDMのサシャ・コニエツコを加えさらにパワーアップしたのがSCHWEIN。
インダストリアルの色がさらに濃くなり、ダークさもアップしています。

hide 「BACTERIA」

アルバム「PSYENCE」に収録されています。
曲はハードなだけではなくポップな要素も含まれていますが、PVはダークで他のhideのPVとは少々違う印象を受けます。
ダークな中にも、レモンや赤い髪など彼らしさも散りばめられています。

LUNA SEA 「ROSIER」

ゴスとはちょっと違うかもしれませんが、この曲のヒットによりこの界隈のバンドの「柩」使用率がグンとアップしました。
となるとやはりこのPVは外せません。
当時どれだけの少年・少女がこのPVの5人に憧れたことでしょう。