目次

  1. 2期あらすじ
  2. 登場人物
  3. ルルーシュ=ランペルージ
  4. ロロ=ランペルージ
  5. ちなみにナナリーはこの子
  6. 枢木スザク(くるるぎ すざく)
  7. ルルーシュの記憶を改ざんしたブリタニア皇帝
  8. みどころ
  9. ラストまで気が抜けない!
  10. 総合評価

2期あらすじ

ブリタニアの少年ルルーシュは、ある日謎の少女C.C.に「絶対遵守」の力を持つギアスを与えられる。
亡き母と愛する妹のため、持ち前の頭脳とギアスを武器に超大国ブリタニアへ反逆の狼煙を掲げるのだった。

Geass season205

神聖ブリタニア帝国に支配され「エリア11」と呼ばれた日本は、反ブリタニア勢力「黒の騎士団」主導による独立戦争を起こすが、「黒の騎士団」の指導者ゼロの失踪により大敗を喫してしまう。
「ブラックリベリオン」と名づけられた戦争は黒の騎士団幹部の捕縛、日本への更なる圧政、そしてゼロの処刑を招く結果となった。

その1年後、学生としての日々を過ごす少年ルルーシュ・ランペルージは
黒の騎士団残党の襲撃に巻き込まれ、少女C.C.(シーツー)との邂逅により、
自分がゼロであることを思い出す。
記憶を取り戻したルルーシュはゼロとして復活しブリタニアを倒すため再び反旗を翻す。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

登場人物

ルルーシュ=ランペルージ

Snapshot200806090021190

本作の主人公。本名ルルーシュ=ヴィ=ブリタニア。
1話の時点では前作同様ブリタニア貴族をチェスで打ち負かすなど
一見変わりないように見えたが、ダークヒーロー特有のゲスさが消えていた。
また、自分がブリタニアの皇子であること、ゼロであること、ギアス保有者だった事、果ては溺愛する妹ナナリーのことまで全て忘れていた。
記憶が改ざんされ、おかしなことになっていたのである。

しかしC.C.(シーツー)の助けで記憶を取り戻し、再びゼロとして暗躍するようになる。
その後はギアスを使って大逆転劇をくり広げていく。

ロロ=ランペルージ

422

わぁ、可愛い弟だぁ(´∀`)
とか言ってる場合では無いのである。

前作の時点では確かに居た妹ナナリーが忽然と姿を消しており
この少年「ロロ」が、ルルーシュの兄弟ポジションを陣取っている。
何故かナナリーとロロの存在が入れ替わっているのだ。
そうなるとロロはその原因を知っている側の人間ということになる。彼はルルーシュの味方なのか?それとも・・・。

ちなみにナナリーはこの子

20080511193951

足が不自由な盲目の少女。
その可憐な姿で黒の騎士団の戦意さえも削いでしまった。
一体、ナナリーは何処へ行ったのか・・・。

枢木スザク(くるるぎ すざく)

10010548 h pc l

日本最後の首相の息子でありながら、テロリストゼロ(ルルーシュ)をブリタニア皇帝に売り飛ばし、皇帝直属部隊であるナイトオブラウンズにまで上り詰める。これには何か考えがあるようだが・・・。
また、これだけだと彼が相当悪い奴に聞こえるが、1期でゼロに恋人を殺されておりその影響で非常な性格になってしまった一面も見られる。
記憶が戻ったルルーシュのほんのわずかな違和感を察知し、罠にはめたりと容赦ない行動が目立つ。
かつての親友と決定的な溝が出来てしまったが、果たしてR2でどのように振舞うのか?

ルルーシュの記憶を改ざんしたブリタニア皇帝

120808202685216100552

弱肉強食をブリタニア帝国に浸透させた98代目皇帝。
弱者には弱者として慈悲無く接し、それは実子のルルーシュも例外ではない。
また、「記憶を書き換える」ギアスの力によりルルーシュの記憶を改ざんしたギアス保持者である。

にしてもすごい髪型だな。

みどころ

20080810183708

前作に引き続き大活躍の人型兵器「ナイトメアフレーム」。
大幅に性能upし、その多くが飛行可能になっている。
今までとは一味違う空中戦の臨場感を思う存分味わおう!

Codegeass0622i