目次

  1. 謎の組織に連れ去られたモイラとクレア
  2. クレア編 バリー編とありクレア編での行動がバリー編にも影響する!
  3. 大量の弾丸で敵をねじ伏せ!レイドモード!
  4. モイラ、ナタリアのサイドストーリーがDLCで販売中!

謎の組織に連れ去られたモイラとクレア

初代バイオハザードの特殊部隊S.T.A.R.S.のメンバーバリー(現在はBSAA)は娘のモイラバートンの行方を追っていた、彼女はテラセイブというバイオテロ対策部隊のパーティーに出席していたが謎の特殊部隊から襲撃をうけクレアと共に孤島の収容所へと収監される。
救難信号をだしバリーは孤島へ向かうが島の港には少女ナタリアと出会いバリーと共に、孤島を探索する

クレア編 バリー編とありクレア編での行動がバリー編にも影響する!

クレア編ではクレアとモイラ、バリー編ではバリーとナタリアでのプレイとなる。
モイラは過去のトラウマにより拳銃を使う事を拒むためバールでの攻撃、ライトでクリーチャーの目をくらますことが可能。
ナタリアはレンガを拾いクリーチャーに向かって投擲してくれたり、クリーチャーの場所を感知する能力があり弱点や目に見えないクリーチャーなどの発見が出来る。

今回クリーチャーを倒しても弾薬をドロップしないのでモイラ、ナタリア操作時に使えるライトと指差しで入手するがほとんどがスキル入手に使う宝石なので弾丸を無駄に使う事はあまり出来ない

クレア編で敵クリーチャーを倒した時に敵の膿が地面に落ちているのを放っておくとバリー編ではその膿が爆発してバリーのHPを奪うなどのギミックがある
他にも、モイラとナタリアだけが開けられる宝箱があったり、カフカの図面や擬態幼虫といったチャプター毎の隠し要素などが存在します!
全部取れればお馴染みの武器が取れたり?

大量の弾丸で敵をねじ伏せ!レイドモード!

Biohazard20revelations202 20150316182601

発売当初からプレイをしていますがこの他にあるレイドモードにハマってます!
レイドモードは弾薬を気にせずに打てるので僕はこっちの方が好きですw

レイドモードには敵クリーチャーに属性がついていて、巨大化してHPと攻撃力が高く厄介な敵や
プレイヤーに触れると凍ってしまい身動きが取れなくなったり、本編とは違いどう攻略していくか考えるのが楽しいです!
毎度毎度属性は違うので同じ方法は通じなかったり…
(即死持ちが凍らせる属性を持っているとものすごく厄介…)

他にもパッシブスキルでこちらの攻撃に火炎属性の効果を付属したり、怯む確率を上げたり敵を倒した時ライフ回復をしたりなど盛り沢山!
武器の種類も多くドリルが持てたり…レイドモード中の宝箱から虹色武器という100Lvの武器が出たり、オンラインで友達と協力したり!やり込み要素豊富!

モイラ、ナタリアのサイドストーリーがDLCで販売中!

Image

モイラストーリー「ある戦いの記録」
ではモイラと作中に登場するエフゲニーという老人を操作し孤島の中を生き抜くストーリー
リベレーション2ではモイラが結構好きだったのでモイラ主役で進められるので個人的に嬉しい限りw
レイドモードに近い様なプレイではあるが最初に食料をゲットしゲームオーバーするとその食料がへるというシステムが面白いw

ノーマルモードとハードしかなくイージーモードが存在しない
イージーモードは小学生までってそれ一番言われてるからって感じですかね()

ナタリア編「小さな女」は攻撃が一切できず見つかったら即ゲームオーバーというちょい鬼畜仕様。
プレイしてみてモイラと比べてみるとこっちの方が断然難しく感じる
(スニークアクション苦手)
白ナタリア黒ナタリアといて、黒は敵に見つからずどこに敵が配置されてるかの確認用で白ナタリアをゴールまで導くのが一連の流れ
なぜバリー編の最初で一番最初にナタリアが現れたのかがわかるシナリオで面白いです!
ゲームオーバーになっても最初からになるだけなのでそこまでペナルティがないのが助かる所w

今作も最高のサバイバルホラーでした!
バイオファンならやって損ない作品だと思ってます!
そうでない方もこれを機に他のシリーズをやってみてはいかがでしょうか!
是非みなさん手にとってプレイしてみてください!