目次

  1. 第六話『山田、やまーだ』
  2. 「佐藤さんの気持ちが今ものすごくわかる」
  3. 殴りたいこの笑顔
  4. 「「今まで気づかなかったのが恥ずかしいくらい似てる!」」
  5. 第六話まとめ

第六話『山田、やまーだ』

Wo7

タイトルから山田が主役になりそうな回ですね。一応前回の小鳥遊君と伊波さんの話もまだ気になるので、その辺りも少し触れるんじゃないでしょうか。それでは第六話のまとめです。

「佐藤さんの気持ちが今ものすごくわかる」

Wo1

小鳥遊君が伊波さんのことをかなり気にしているという部分を、しっかりいじってくる相馬さんの姿です。
本当に楽しそうな良い笑顔してますね。小鳥遊君は伊波さんのことが好きと認めようとしていないために、相馬さんに認めた方が良いんじゃないと探りを入れられれます。それが中々に精神的にプレッシャーを与えてくるから、小鳥遊君も佐藤さんの気持ちがわかったわけです。
しかし小鳥遊君は佐藤さんが八千代さんのことが好きと言うのを知っているから、佐藤さんの気持ちがわかったということは潜在的にはもう伊波さんのことが好きと認めていることになりますよね。深読みし過ぎかもしれませんが。

殴りたいこの笑顔

Wo4

山田が相馬さんにかまってもらえるように他のバイトメンバーから個人的な情報を聞き出そうとします。それを佐藤さんが叱り、なおかつ相馬さんの管理不行き届きとして相馬さんにも叱ります。相馬さんも反省(?)して山田と一緒にバイトメンバーの人間関係を他人事として楽しもうと仲良くなります。そしてその直後に近くにいた佐藤さんを早速いじります。
これは殴りたい。というか佐藤さんがフライパンで殴ります。ちょっと懐かしい感じの演出で笑いました。

「「今まで気づかなかったのが恥ずかしいくらい似てる!」」

Wo5

遂に山田と山田(男)が直接会ってしまいました。なんと山田(男)が探していた妹とは山田のことだったのです。本当に兄弟なのかと小鳥遊君と伊波さんが二人の顔を見比べた時の感想です。
一字一句違わない感想でもう息ぴったりですね。仲良し夫婦かお前らは。結構衝撃の真実が発覚したのに、そっちに気を取られました。

第六話まとめ

Wo6

妖精シュガー「オーライ、オーライ」

前半は小鳥遊君と伊波さんの続きの話、後半はまさかの魔法少女ぽぷらの話と山田の話になりました。
正直タイトルで前面に押し出すほど山田が主役の回ではなかったですね。結構大事な話は出てきましたが。後半は特に魔法少女のインパクトが強すぎて本編が頭に入ってきませんでした(笑)。
来週で山田関係の話は一区切りしそうですね。果たして山田はなぜ家出をしたのかがわかるのでしょうか?次回も楽しみです。