ほのぼのゲーム『牧場物語』で全然ほのぼの出来ない人が続出! その理由を徹底解説!

Bokumono 07 cs1w1 400x240

ほのぼのとした牧場生活がテーマの『牧場物語』シリーズ。
何作も発売される程の人気タイトルですが、このほのぼの生活ゲームが全然ほのぼの出来ないと話題です。

『牧場物語』とは?

牧場物語とは、マーベラス(元マーベラスエンターテイメント、マーベラスAQL)から発売されているゲームのシリーズである。

出典: dic.nicovideo.jp

牧場というと、「自然豊かな環境にあり、のどかでゆっくりとした時間が流れる」というイメージです。

ジャンルは牧場シミュレーションがメインで、経営や恋愛などの要素も含まれている。パッケージには「ほのぼの生活ゲーム」と表示されている。

出典: dic.nicovideo.jp

派手なアクションや白熱する戦闘の無い、ほのぼのとした生活をコンセプトにつくられたゲームです。

ほのぼのしないプレイヤー多数!

「ほのぼのとした牧場ライフを味わう」コンセプトにもかかわらず、やりこんだ重度のファンほど、効率を重視して初日に全てを開拓、序盤は村人との交流などそっちのけでひたすら薪を割り続けるなど、ひとかけらもほのぼのとしていないプレイスタイルになってしまうという本末転倒な現象も見受けられる。

出典: www26.atwiki.jp

※本当はのんびりプレイも出来るゲームです

牧場物語には必ずやらなきゃならないミッションのようなものはほとんどありません。
達成すれば報酬をもらえる「おつかい」や、より良い作物・畜産物を収穫できるようになる「大会」などはありますが、これらはまったりプレイでも十分クリア出来ます。

のんびりと作物を育てたり動物の世話をしたりしながら、気が向いたら上記の要素にチャレンジする……。 これが本来の楽しみ方です。

ところが……

コアなファンや慣れてきたプレイヤーほど、ほのぼのやのんびりとは程遠いプレイを自然に始め出します。

理由その1.時間の経過が早い

最近の牧場は1秒で1分進み、屋内でも時間が止まりません。
2は1秒で5分進み、屋内では時間が止まります。
建物の中では止まるとはいえ、時間の経過がめっちゃ早いです。超スピード。1日が5分くらいで終わる。

出典: shihna.blog20.fc2.com

時間が早く進むからこそ、限られた時間で多くの事をやるのが楽しいです。
このブログ主さんはこう続けます。

だからこそ、「やることの取捨選択」がいいと思うんですよね。
あ、今日は時間あるから色んな人に話しかけよう。
今日は収穫に加えて牧草も育ってたからもう夕方だ。山行って酒場行って寝よう、みたいな。
今日できなかったことを明日にしよう、というプレイが良いと思います。

出典: shihna.blog20.fc2.com

理由その2.簡単な操作性がやりこみ熱を刺激する

牧場物語はアクションゲームのようなテクニカルなコマンド捌きを必要としない、シンプルな操作性が特徴です。
操作がシンプルという事は、つまり動かしやすいという事です。
シンプルで動かしやすいからこそ、ゲームになれるにつれてスムーズかつスピーディな操作でゲームを進めるようになります。

特にGBA版『ミネラルタウンのなかまたち』ではそれが顕著です。
シリーズ最高と言えるほどの快適な動作・操作性であり、それだけに慣れるとプレイが素早くなっていきます。
指の動き次第では神業というべき高速プレイが可能です。

理由その3.お金稼ぎがやりこみ化する

牧場物語では、あらゆる方法でお金を稼ぐ事が出来ます。
基本は『収穫物を売る』ですが、作物や収穫物だけじゃなく、山で取れたきのこや木の実、花、魚、鉱石なども売る事が出来ます。

牧場での仕事が終わったらまっすぐ山に行き、鉱山に行き、海に行く……といったように、売れば売るほどお金になる。 頑張った分だけしっかりリターンがあるので、よりたくさんの物を売りたくなります。

1日でどれだけ稼げるか……といった事を自然と意識し出します。

理由その4.住民との交流もやりたい!

牧場物語の魅力の1つとして、可愛らしいキャラクターが挙げられます。

町にはいろんな住民がおり、その住民たちとの交流も牧場物語の楽しい所です。 個性豊かなキャラ達なので話すのが楽しく、仲良くなるとセリフが変わったりイベントが発生したりするので、町であう度に話しかけたくなります。

牧場の作業や収穫に時間をかけすぎると住民との交流に使う時間が無くなってしまいます。 「可愛いキャラ達との交流もしっかりやりたい!」と思うので、作業を早く終わらせる為に効率を求めるようになるのです。

これらの要素が積み重なり、ほのぼのとは対照的なプレイスタイルになってしまう!

このゲームの不思議な所は、意識せずにスピード重視のプレイをし始めるという点です。
早く進めたい訳じゃないのに、気づかない内に効率的な方法を実行してしまう。
限られた時間内にやれる事をやり、その上でやりたい事もやる。
牧場物語にハマった人はすべからくスピードプレイをし始めます。

それでも牧場物語は止められない!

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

【これ何ゲー?】『牧場物語』シリーズの作りこまれすぎているミニゲームまとめ

牧場を経営しつつ、住人たちとのコミュニケーションが特徴の『牧場物語』。このシリーズには本編以外にもミニゲームが多数収録されています。ゲームの進行が有利になるものや、完全にお楽しみ要素のものなど、毎回かなりの作りこみがなされているお楽しみポイントです。このまとめでは「牧場物語シリーズに収録されているミニゲーム」をまとめていきます。

Read Article

Contents