目次

  1. ユーゲントシュティとは?
  2. ユーゲント内の作品より。
  3. 19世紀当時のミュンヘンについて
  4. 現代のミュンヘンで触れられるアート
  5. ユーゲントシュティ建築物
  6. しかし強烈な作品群だけではありません。

ユーゲントシュティとは?

1896年にミュンヘンで創刊された雑誌『ユーゲント』にちなんだもの。この雑誌はデザインの専門誌ではなかったが、ドイツのアール・ヌーヴォーの発表の場となった。

出典: ARTSCAPE.JP

事の始まりは一体何でしょうか?

19世紀末頃になると新古典主義などに代表される歴史回帰・折衷様式は「悪趣味」と言われるようになり、芸術家たちはそれまでにない新しいスタイルを求めるようになった。フランツ・フォン・シュトゥックらによって1892年にミュンヘン分離派が結成され、旧来の芸術を批判し新たな芸術を志向する活動が展開される。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

新古典主義が悪趣味と言われているのが意外です。

、『ユーゲント』.には、漫画、ポンチ絵、広告が多く、その多彩性が大衆に受けたのである。

出典: WWW.WUL.WASEDA.AC.JP

当時の大衆に受けたアート雑誌であるようです。

ユーゲント内の作品より。

Yugen
Tugn

確かにアートと言うよりもイラストと言う感じです。

19世紀当時のミュンヘンについて

ミュンヘンの繁栄は、長い間商業によって維持されてきた。中世には、とくに塩の交易によるところが大きかった。19世紀中ごろの鉄道の開通後には、南ドイツ最大の穀物、木材、果物、野菜の集散地となった。工業は、19世紀初頭にはわずかの手工業しかみられなかったが、19世紀後半から発展し、現在ではバイエルン最大の工業都市となった。

出典: KOTOBANK.JP

ユーゲントが流行ったのも豊かさの象徴で、貧困ならイラスト系の雑誌を買おうとはしないかもしれません。

現代のミュンヘンで触れられるアート

中央駅から地下鉄U2で北へ一駅のケーニヒ広場(Königsplatz)周辺は、ミュンヘンの一大美術エリア。古代から現代までの様々な芸術が集まっている

出典: ALLABOUT.CO.JP

Koep2

これがケーニヒ広場です。厳かな雰囲気が漂います。

「ユーゲントシュティール」というのはドイツ語で、フランス語の「アールヌボー」のことを表している。19世紀後半にヨーロッパ各地を席巻した新芸術様式で、特に建築の分野で強い影響を残した。

その特徴は過度に装飾的なデザインで、曲線や植物の紋様を多用し、デフォルメされた人体像等も使われた。ユーゲントシュティールの到来は正にリガが大建築ブームと重なった時期で、1900年頃から始まって十数年間の短い期間に、膨大な数の様々な建築を残した。市内中心部の約40%の建物は、このユーゲントシュティ―ル様式で建てられているという。

出典: 4TRAVEL.JP

ユーゲントシュティ建築物

Caption

ユーゲントシュティール建築の建物。顔が印象的と言うか怖いです。

Main large

同じくユーゲントシュティ建築物。とにかく顔を全面に出すことに建築者達は燃えているのでしょうか?

しかし強烈な作品群だけではありません。

S 2c8t2148

こう言った可愛らしいのもあるのが意外です。

今までの芸術を悪趣味と捉えていたとの事ですが、私は単に飽きたと言うようにも見えます。今までは少し固かったからちょっともうちょっとははっちゃけようとして、雑誌にあるようなイラストや建築物などを作ったのかもしれません。