目次

  1. 天才の行方
  2. ギターも燃やす
  3. 使用機材
  4. 映画化も

天才の行方

今聴いてもけして色褪せることがないジミヘンドリクスのフォクシーレディです。やはり当時の時代を生きた人にとっては、相当に革命的だったんでしょう。ただ今聞いてしまうと荒が目立つというかなんというか…

今聞いてしまうとすこし音が薄いように感じられてしまうパープルヘイズです。だからこそギターだけの音色が目立ちます。それが多くのギター少年の心に火をつけたっていうのはやはりジミヘンドリックスです。

このように今も多くのギタリストたちにカバーされています。このように現在のギターの教科書を作った人物と考えれば非常に素晴らしいプレーだと思います。

ギターも燃やす

これはある種伝説の動画です。なんでギターを燃やしているのかというと、燃やしてしまいたくなったなったんだからしょうがない…というのはジョークで、ジミヘンドリックスなりに神様に対し捧げもののしたいと考えた時に自分の最も大切なものはギターなので燃やしたというコメントがあります。これは神様への捧げ物であって決して彼がおかしくなったわけではありません。

使用機材

Jimihendrix2

これは見れば何を使っていたのかは一目瞭然ですが、特に印象的なのがワウペダルでしょう。これとフェンダーのストラトキャスターを組み合わせ、あの音色作り出しているということで少しやはり恐ろしいです。

映画化も

9209e9cbdce8601997edf3e56e2b6b3e 1024x683

これは映画での一コマですが、こうしてみるとやはり印象的なのがジミヘンのサイケデリックな服装でしょう。当時からやはりジミヘンドリックスというのは最先端をいっていたんでしょう。ギターのプレイだけでなく、服装までも注目注目させる、これがジミヘンドリックスです。

JIMI-MOVIE.COM

この動画を見ていただければわかるかと思いますが、当時はやはり人種差別もあり、ジミヘンドリックスほどの腕を持っていてもなかなか評価されなかったという時代があったのかもしれません。ただこの動画に関しては少しラブロマンスチックになっていますのでカップルでみることをお勧めします。やっぱりジミヘンはすごいということで今回の記事を終わらせていただきます。