目次

  1. 今巻のストーリー
  2. 【今巻の見どころ】
  3. ついに初号機、襲来
  4. 下ネタがヒートアップする男、加持リョウジ
  5. カヲリズムの炸裂
  6. 思わぬ伏兵、赤木リツコ
  7. まとめ

今巻のストーリー

大まかにいえば、
・シンジ&アスカ&レイのギャルゲー、乙ゲームプレイ
・チルドレンのゲームショウ参加
・カヲルくんがどこからか犬を連れてくる
・テスト模様
・キャンプ
・謎の生命体襲来
・ドミノ
・掃除
で構成されています

Eva 2014 12 eil 7097 360318

犬を連れてくるなと諭されるカヲルくん

【今巻の見どころ】

全部が見どころと言っても過言ではないので、いくつかだけをピックアップさせてもらいます。

ついに初号機、襲来

R1015449

しましたが、コックピットが食べ物型であるため口に放り込み、肥満体質になってるそうです。(コックピットを食べて太る…??!) うーん、シュール…

下ネタがヒートアップする男、加持リョウジ

23vr9w i

人生および男女関係はゲームと一緒だと語る加持

前巻でも時々現れ、女性遍歴の長いオトナの男然と、そこそこ下ネタを垣間見せていた加持さん。今回は出番の頻度が増え発言も過激でした…

カヲリズムの炸裂

Wxdslzta

モテの極意を語るカヲルくん

前回は唐突に現れて誕生日祝いをせがんだり、持ち部屋としてロッカーを与えられて喜んだりと周囲を困惑させていた渚カヲル。
今回もまた、「全身にポーチを付ければ帰る家が増える」等の哲学的な発言や、「味噌汁をストローで飲んで喉をヤケド」したりと斜め上の路線を突っ走っています。

思わぬ伏兵、赤木リツコ

Cmb9bdfucaavyfw

エヴァンゲリオンのコックピットを食物型にした理由について語るリツコ

前巻ではおとなしめだったリツコ。ですが、今巻では学生時代からの"親の望む優等生人生を送った"がゆえのフラストレーション爆発で毒づいています。コックピットを食物型にした理由は「空虚だった学生時代の不満を、得意分野で悪ふざけすることで埋めたいから」…(絶句)

まとめ

バブル世代(ミサト&加持)の何とも言えない暑苦しさと、"高学歴ヤな奴"っぷりを露呈するリツコ。今回はとにかく年上メンバーの魅力(?)に迫った巻でした。キャラ崩壊に嫌悪感がなく、年上メンバー好きな方にはぜひオススメの1冊です。※ただし、本編とは別物だと思ってください