目次

  1. プリンセスメーカー
  2. 同級生
  3. ときめきメモリアル
  4. サクラ大戦
  5. To Heart

プリンセスメーカー

00a%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 1991年5月24日、ガイナックスよりPC-9801用に発売された一般向けゲーム。キャラクターデザインは赤井孝美。後に、キャラクターを変更した続編の「プリンセスメーカー2」も発売される。
 育成シミュレーションゲームの元祖とも言える作品。舞台は剣と魔法の世界。プレイヤーは、引退した勇者。戦災で孤児となった少女を引き取って育成していく。

JA.WIKIPEDIA.ORG

00b%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
00c%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

同級生

01a%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 1992年12月17日、エルフよりPC-9801用に発売されたアダルトゲーム。キャラクターデザインは竹井正樹。後に、キャラクターを変更した続編の「同級生2」も発売される。
 主人公は、破天荒な性格のナンパ高校生。自由度の高いフィールド式マップで、女の子を口説いたりといった、様々なイベントに出会う。

JA.WIKIPEDIA.ORG

01b%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
01c%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ときめきメモリアル

02a%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 1994年5月27日、コナミよりPCエンジン用に発売された一般向けゲーム。キャラクターデザインは小倉雅史。後に、プレイステーションやセガサターンにも移植され、シリーズ化もされる。
 主人公は「きらめき高校」に入学した男子高校生。勉強やクラブ活動を通じて自分の能力を上げたり、女の子をデートに誘ったりして、好感度を上げていく。成功すれば、卒業式の後で、伝説の木の下で告白される。

JA.WIKIPEDIA.ORG

02b%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
02c%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

サクラ大戦

03a%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 1996年9月27日、セガよりセガサターン用に発売された一般向けゲーム。キャラクター原案は藤島康介、キャラクターデザインは松原秀典。シリーズ化され、セガサターンで「2」、ドリームキャストで「3」「4」、プレイステーション2で「5」が発売されている。
 舞台は大正時代のようなスチームパンクの世界。プレイヤーは帝国歌劇団の隊長、大神一郎として、女性隊員と共に悪の組織と戦う。ストーリーを通じて、最も好感度の高くなった隊員とエンディングを迎える。

JA.WIKIPEDIA.ORG

03b%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
03c%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc