目次

  1. エルトン・ジョン (Elton John)
  2. 日本でのイメージとの相違性

エルトン・ジョン (Elton John)

3752

エルトン・ジョン (Elton John) は、イギリスのミュージシャン、シンガー・ソングライター。1969年にデビューし、1970年の「僕の歌は君の歌」のヒット以降コンスタントに活動を続け、現在までに全世界で3億枚以上のレコード・セールスを記録した、世界で最も成功した男性ソロ・アーティストの一人である。その他、「クロコダイル・ロック」「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」「ダニエル」など数々の名曲を生み出してきた。1998年2月24日には長年の功績を称えられ、ポピュラー音楽の音楽家としては3人目となるナイトに叙勲された。

日本でのイメージとの相違性

エルトン・ジョンの最大のヒット曲である「Your Song」 や 自動車事故で亡くなったダイアナ元皇太子妃への追悼歌「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」のイメージからか、日本ではバラードに強い男性ソロシンガーとして認知されがちだが、デビュー当時の映像を見てもわかるように、奇抜な衣装に身を包まれた彼は、元々は生粋のロックミュージシャンである。また若干11歳にして王立音楽院に合格するなど、ソングラインティグや演奏に関しても技術は非常に高い。その為、様々なジャンルの音楽を吸収しているアーティストであり、初期の頃のプログレッシブ・ロック志向からカントリー・ミュージックへの傾倒、さらにはアメリカン・ロック、ソウル、ディスコに至るまで様々なサウンドを奏でる。

Elton John「Crocodile rock」

Elton John「Goodbye Yellow Brick Road」

Elton John「Tiny Dancer」

Elton John「Your Song」