目次

  1. ベクシンスキーの略歴

ベクシンスキーの略歴

30f9288c

ズジスワフ・ベクシンスキー(1929-2005、享年75歳)は、ポーランドで生まれました。
一説によると子供の頃にナチスによるポーランド侵攻を経験しているため、
そのことがきっかけで、死や地獄、廃墟や終末などをテーマにした作品を
描くようになったともいわれています。

97590456

作品では、死、絶望、破損、廃退、廃墟、終焉などが描かれ、それは不気味さや残酷さと同時に
荘厳な美しさを感じさせる。独特の世界観から多くの支持を得た画家である。
作品自体は退廃的で「終焉の画家」と呼ばれるほどだが、彼自身は人当たりが良く少し内向的で、
人との会話をよく楽しんだとして知られている。だが、政治不信、マスコミ嫌い等があり、
普段は隠居のように暮らし制作に没頭しており、他の芸術に触れることも嫌ったため、
ポーランド語以外は話さず、ポーランドから出ることも生涯なかった。

2015050911363015e

彼の作品にはすべてタイトルがついておらず、作品の理論付けや詮索を非常に嫌った。
作品を描く際は、常に大音量のクラシック音楽をかけており、どこにいくにもクラシック音楽を共にしていた。

36734510
Bd285fe7
3a393a49
5075 1162029457316 1425229398 30442993 13173 n

1998年、妻が亡くなる。1999年のクリスマスイブ、ポピュラー音楽の評論家であり映画の翻訳家の息子が鬱病により自殺。
ベクシンスキーは息子の死との折り合いを付けられず、『もし私がくたばった時に備えて、Tomek(息子の愛称)へ』と綴った手紙を壁にピンで留めていた。 

U3s7koac
Bek0
08a95ab1
F292671145a6ebb5415e07b2e79bfc39f09ffedf1267786833
Zdzislaw beksinski 1986 2
Zdzislaw beksinski 1971
990b08f6
F1acdea6
F68d17d4
D06d0c2f
3951ef6a
91878685
933c1c94
9b7a70fa
D440dcd3
335f3a39