目次

  1. Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)
  2. The Neptunes(ザ・ネプチューンズ)
  3. N*E*R*D(エヌ・イー・アール・ディー)

Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)

B001

ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)は、アメリカ合衆国のアーティストであり、音楽プロデューサー。プロデュースチームであるザ・ネプチューンズや音楽グループN*E*R*Dのメンバーでもあり、非常に多岐に渡る活動を行っている。2006年に、ファレル・ウィリアムス名義でソロデビューを果たした。90年代末から現在に至るまで様々なアーティストの楽曲プロデュースやコラボレーションに携わってきており、アメリカ音楽界の中でも非常に影響力のある人物の一人である。自身のソロ活動においても数々のヒット曲を生み出しており、2014年時点でグラミー賞に24回ノミネート、うち7回受賞を果たしている。

Pharrell Williams「Happy」
元々、Pharrell Williamsの名前は世界的に有名でしたが、特に彼の名が爆発的に広まったのがこの曲と言えます。このMusic Videoが話題となり、世界中の様々な場所の人々が『Happy』に合わせて踊るトリビュートビデオがYouTube上に大量に出現しました。その影響は日本にもおよび、ファレル自身も参加して制作された日本版のMVには日本の様々な著名人が参加し、彼と親交のあるNIGOが監修しました。

Daft Punk「Get Lucky」
ファレル・ウィリアムスのソロ作品である『Happy』の世界的ムーブメントが起こる前年には、Daft Punkとのコラボレーションでも彼の名前は世界的に広まっていました。ファレルがボーカルをとった、このDaft Punk『Get Lucky』は32か国以上でチャート1位を記録し、930万枚を売り上げました。そして、「第56回グラミー賞」で最優秀レコード賞と最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンスを受賞するという活躍でした。

Robin Thicke「Blurred Lines」feat. T.I., Pharrell
Daft Punk『Get Lucky』で、一躍、世界的に"時の人"となっていたファレルですが、同じく2013年にこの曲でも大ヒットを飛ばしています。ロビン・シックのこの楽曲でヴォーカル、作曲、プロデュースに携わり、結果12週連続全米1位を記録、14ヶ国で1位を記録しました。

The Neptunes(ザ・ネプチューンズ)

Nulsth6nlk7tln7t

ザ・ネプチューンズ(The Neptunes)は、アメリカ合衆国の音楽プロデュースグループ。ファレル・ウイリアムスとチャド・ヒューゴの2人によるプロデューサーチームで、ヒップホップ、R&B、ポップ系の楽曲を制作している。1990年代後半から2000年代前半にかけて多くのヒット曲を生み出した。代表的なプロデュースー作品として、ブリトニー・スピアーズ、ジャスティン・ティンバーレイク、ネリーなどが挙げられる。

Pharrell「Frontin'」feat. Jay-Z

N*E*R*D(エヌ・イー・アール・ディー)

N e r d 7556

N*E*R*D(エヌ・イー・アール・ディー)はアメリカ合衆国のヒップホップグループ。ファレル・ウィリアムスとチャド・ヒューゴにより結成されたネプチューンズに、盟友のシェルドン・ヘイリーを加えた3人組である。グループ名はNo one Ever Really Dies(真の意味で死ぬ者はいない)の略と、オタクを意味するスラング - ナード。

N.E.R.D.「She Wants To Move」