目次

  1. 信長の野望・全国版
  2. 三国志・中原の覇者
  3. ファミコンウォーズ
  4. ファイアーエムブレム・暗黒竜と光の剣
  5. 第2次スーパーロボット大戦

信長の野望・全国版

01a

1988年3月18日に、光栄(現・コーエー)より発売。
 パソコンで発売されてきた、光栄の「信長の野望シリーズ」のファミコン版の移植。蝦夷から薩摩大隅までの50カ国のエリアを奪い合うという非常にシンプルな内容。武将は大名のみで、豊臣秀吉といった武将は登場しない。プレイヤーが選んだ大名が寿命で死亡するとゲームオーバーなので、毛利などでのプレイは難度が高い。

01b

JA.WIKIPEDIA.ORG

三国志・中原の覇者

02a

1988年7月29日に、ナムコより発売。
 三国志といえば、光栄の移植版も有名だが、こちらも完成度が高い。武将の名前は、すべてカタカナ。軍事や内政といった行動は、「命令書」を消費することで行う。戦闘は、オートのタクティカルコンバットで行われる。シンプルでとっつきやすくも、ツボを押さえた作りの佳作。

02b

JA.WIKIPEDIA.ORG

ファミコンウォーズ

03a

1988年8月12日に、任天堂より発売。開発はインテリジェントシステムズ。
 パソコンの「大戦略」をブラッシュアップしたような作りのゲーム。兵器は、大戦略のような実名兵器などではなく、イコールコンディションの「センシャA」といった感じ。地図はヘックス(六角形)ではなくスクエア(四角形)表示。ノリとしては将棋に近い。練りこまれたゲームバランスにより、初心者から上級者まで楽しめる作りだ。

03b

JA.WIKIPEDIA.ORG

WWW.NINTENDO.CO.JP

ファイアーエムブレム・暗黒竜と光の剣

04a

1990年4月20日に、任天堂より発売。開発はインテリジェントシステムズ。
 シミュレーションRPGの先駆け的な存在である、ファイアーエムブレムの第一作。プロデューサーは、インテリジェントシステムズの加賀昭三。発売当初は、人気の冴えない作品であったが、ジワジワと人気を上げていった。リメイクもされているが、ファミコン版は、シーダの妙なやりとりなどが楽しい。

04b

JA.WIKIPEDIA.ORG

WWW.NINTENDO.CO.JP

第2次スーパーロボット大戦