目次

  1. Charloote(シャーロット)第6話 感想

Charloote(シャーロット)第6話 感想

協力者「熊耳」が現れ、生徒会室に向かった乙坂と高城さん。
というかいつも現れるの突然ですね…
能力が使えるタイミングがあるのでしょうかね。

熊耳が告げた能力の名は「崩壊」
崩壊…これってOPの「崩れて終わる世界」の歌詞と何か関係があるかもしれませんね。
しかしその能力者の居場所がマンションの中…
あれ…歩未ちゃんって確か風邪で家でお休みしていましたよね…
これ歩未ちゃんのことなんですかね。

そういえばいつも熊耳が能力探知できるのは能力覚醒してから何日、もしくは何ヶ月か経ってからですよね。
この理論だと歩未ちゃんは風邪を引いた、いやもっと前から既に能力覚醒いたのではと考えられます。

お見舞いも兼ねて調査することにした生徒会。
有宇は歩未ちゃんが大好きな西森柚咲に会わせようと思うが、一人邪魔な奴がいた。
そう”高城”だ
ゲス主人公・有宇は能力を使って高城を来させないように窓から飛び降りさせようとした瞬間、
友利会長はそれに勘付いたのか、自分が高城を蹴り飛ばし窓から落としたのです。
友利会長は何故、有宇が能力を使うのを止めたのですかね。
能力には副作用または回数制限があったりするのでしょうか。

歩未ちゃんの部屋に足を運んだ有宇だが、先客がいましたね。
どうやら歩未ちゃんを心配してお見舞いに来た同級生達だそうです。
しかもその中に歩未ちゃん告白して玉砕した男の子もいますね…
まだ諦めてないのか少年よ…

しかし一人だけ表情が暗い少女がいましたね。
何かありそうですね。

お見舞いに来た同級生達は帰っていった後、お粥を一緒に食べることに!
くっ!この前のバーベキューといい食欲がそそりますね…
完食した後、食器を片付ける友利会長と有宇。
なんだか夫婦みたいで微笑ましいですね。

歩未ちゃんもその微笑ましい光景を見てニヤニヤしています。
その歩未ちゃんのニヤニヤ顔を見ながらニヤニヤしてる私って…

やはりあの女の子か…
歩未ちゃんに告白して玉砕した男子の事が好きだったのですね。
それで歩未ちゃんに嫉妬し、こういう事態に…

そして歩未ちゃん、逃げられない状況になり能力を使ってしまう。
その能力は「崩壊」
凄まじい能力ですね。
でもその能力で足場も崩壊し、さらに危ない事態に

有宇は歩未ちゃんを必死になって探しているが…しかもコンクリートが崩れてきて…

うわああああああああああああ!!!!
誰の血…誰の血なんだっ…!?

もし有宇がコピー能力者だったら前にコピーした念能力を使うと思うのですが…
どうなんでしょう…続きが凄い気になりますね…

その地獄絵図を見つめる男…
これは熊耳じゃないか!?

ここまで読んで頂きありがとうございました。
「Charloote(シャーロット)」第7話が楽しみです!